映画

モトーラ世理奈主演、震災後描く『風の電話』ベルリン映画祭で国際審査員特別賞 | .

モトーラ世理奈が主演し、西島秀俊、西田敏行、三浦友和らが共演した諏訪敦彦監督作『風の電話』が、第70回ベルリン国際映画祭で「ジェネレーション 14プラス部門」国際審査員特別賞(スペシャル・メンション)を受賞した。

>>『風の電話』あらすじ&キャストはこちらから

2011年、岩手県・大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格氏が自宅の庭に設置した“風の電話”は、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから誕生した。やがて「天国に繋がる電話」として人々に広まり、東日本大震災以降、3万人を超える人々がこの場所を訪れている。本作はこの電話をモチーフにした初めての映像作品だ。

本作が招待されたベルリン国際映画祭ジェネレーション部門は、「Generation 14plus(ジェネレーション 14プラス)」と「Generation Kplus(ジェネレーションKプラス)」という2つのコンペで構成されており、子どもたちに観てほしい発掘作品や若者が出演する作品を対象としたもの。「ジェネレーション 14プラス」に出品された本作は、諏訪監督作品としては2009年の『ユキとニナ』以来2度目となる。

『風の電話』 (c)2020映画「風の電話」製作委員会
そんな本作が、今回、国際審査員による準グランプリにあたる賞(特別表彰)となる「国際審査員特別賞(スペシャル・メンション)」を受賞。審査員からは、「我々は穏やかでありながらも壮大なロードムービーに大変心を打たれました。そして、辛いけれど希望のある忘れることのできないラストシーン。この困難な時代に、喪失の空虚さと人と人との繋がりの温かさの両方を共存させることが、これまで以上に重要になってきています。この映画は優雅さと力の両方を持って、見事にそれを成し遂げています」との講評を受けた。

『風の電話』第70回ベルリン国際映画祭授賞式 (C)2020 映画「風の電話」製作委員会
授賞式には脚本家の狗飼恭子が出席し、諏訪監督、主演のモトーラさんのコメントを代読。受賞の知らせを聞いた諏訪監督は、「とても感動しています。この日本のささやかな祈りを受け止めてくださった審査員の皆さんに感謝します」とコメント。

「何よりも、このベルリンの地での初めての上映後、鳴り止まぬ拍手と励ましの声で、まるで家族のようにこの映画が暖かく迎えられた瞬間を私は忘れることができません。映画は観客のものです。(主人公)ハルと共に旅をしてくれたベルリンの人たち、世界中の傷ついた若者たちに、感謝とともにこの賞をお送りしたいと思います」と語った。

『風の電話』 (c)2020映画「風の電話」製作委員会
また、主演のモトーラさんは、「嬉しいです。すごく嬉しいです。諏訪監督に出逢えて、私にとって素敵なことがたくさんです。諏訪監督、ありがとうございます」と監督に感謝。「ベルリン映画祭のプレミア上映で、観客の皆さんが、風の電話に流れている風を、しっかりと感じてくれたんだと実感してとても感動しました。私が演じた、ハルにこれからも世界中の人々の、心の中で旅をし続けてほしいと願っています」と喜びのコメントを寄せている。

『風の電話』は全国にて公開中。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close