映画

森川葵が涙、友近が殴打、木村多江が叫ぶ!?『MIRRORLIAR FILMS』予告編 | .

伊藤主税(and pictures)、阿部進之介、山田孝之らが「だれでも映画を撮れる時代」に、年齢や性別、職業、若手とベテラン、メジャーとインディーズの垣根を越えて作り上げる短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)』。この度、9月17日(金)より公開となるSeason1から、豪華キャスト陣が次々に登場する予告編が解禁となった。

>>『MIRRORLIAR FILMS』あらすじ&キャストはこちらから

“変化”をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36名が監督した短編映画をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開される。解禁となったSeason1予告編には、山田さん扮する主人公と“ある秘密”を共有したヒロイン役の森川葵が涙する安藤政信監督作『さくら、』、友近扮する女性が馬乗りで殴りかかる武正晴監督作『暴れる、女』、木村多江扮する神経質な母親が絶叫する花田陵監督作『INSIDE』など、各作品ごとに印象的なショットが連なる。

エンドロール楽曲・予告編共に音楽は、Asahiこと内田朝陽、tahこと山田さんからなる音楽ユニット「quu」が手掛けている。

さらに、それぞれの作品の世界観を支える脚本家にも注目武監督作『暴れる、女』の脚本は足立紳山下敦弘監督作『無事なる三匹プラスワン コロナ死闘篇』は向井康介と、各監督と数々の代表作を生み出してきた盟友が参加。一方、安藤監督作『さくら、』は脚本家・坂元裕二がゼミを持つ東京藝術大学大学院映像研究科 映画専攻脚本領域の学生・木舩理紗子三吉彩花監督作『inside you』の脚本はオーディションで選ばれた相羽咲良など、新しい才能が参加。

そのほかスタッフとして、『さくら、』は、撮影・田島一成、音楽・KM/Brodinski&Modulaw、編集・柿本ケンサク、スチールは安藤監督自ら担当『inside you』には、監督補の津田肇監督をはじめ三吉さん主演作『Daughthers』のスタッフが集結。そして枝優花監督作『Petto』の音楽に羊文学の塩塚モエカ、『無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇』の撮影は、山下監督の初期作品からタッグを組んできた近藤龍人が手掛けている。

また、作品別ビジュアルのポスター展もスタート。『暴れる、女』撮影地・大阪の大阪文化発信新名所・心斎橋PARCOSkiiMaGalleryにて実施中で、続いて9月1日(水)より『さくら、』の撮影地・金沢では金沢21世紀美術館 シアター21にて「空席アート」と共に劇場内に展示される。

『MIRRORLIAR FILMSSeason1』は9月17日(金)よりアップリンク吉祥寺、イオンシネマほか全国にて順次公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close