映画

隣人トラブルでSNS炎上、社会を巻き込む大事件に『ミセス・ノイズィ』予告編 | .

ささいな隣人トラブルが大事件へと発展していく衝撃の物語で、第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にて上映され話題となった映画『ミセス・ノイズィ』から、予告編映像が解禁となった。

>>『ミセス・ノイズィ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込み、やがて2人の女性の運命を狂わせる大事件へ発展していく物語。「SNS炎上」や「メディアリンチ」など、現代の社会事情も絡みつつ、後半は思わぬ方向に事態が進んでいくサスペンスフルな展開で、子どものケンカから、国や民族の紛争や戦争まで、あらゆる“争い”についての普遍的真理をテーマにした、天野千尋監督によるオリジナル脚本の意欲作。

この度解禁となった予告編は、隣人・若田美和子(大高洋子)が早朝から布団をたたく大きな音から始まる。スランプ中の小説家・吉岡真紀(篠原ゆき子)は、その大きな音と若田夫婦の不可解な行動にどんどん追い詰められ、夫や娘ともぎくしゃくすることに。

『ミセス・ノイズィ』 (C)『ミセス・ノイズィ』製作委員会
そして「母親として失格、はい残念!」という美和子の強烈な言葉を皮切りに、周囲の人たちやマスコミ、ネット社会をも巻き込む炎上覚悟のバトルが勃発。さらに何やら思いがけない悲劇が起こり、物語は思わぬ方向へ…。映像ラストの美和子の意味深なひと言まで、1秒たりとも見逃せない予告編が完成した。


主人公の小説家、吉岡真紀を演じるのは『共喰い』『湯を沸かすほどの熱い愛』などの篠原ゆき子。隣人の若田美和子役には『どうしようもない恋の唄』の大高洋子が演じるほか、真紀の娘・菜子を「パプリカ」を歌う「Foorin」のメンバーとしても活躍中の新津ちせが演じている。

『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子 (C)『ミセス・ノイズィ』製作委員会
『ミセス・ノイズィ』は5月、TOHOシネマズ 日比谷、新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close