映画

菅田将暉が叫ぶ…死のトラップが次々と襲いかかる『CUBE 一度入ったら、最後』予告編 | .

1997年に公開されるや、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇ったヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』を、日本を代表する実力派俳優陣で初の公認リメイクをした『CUBE 一度入ったら、最後』より、“劇薬予告編”と本ビジュアルが解禁された。

>>『CUBE 一度入ったら、最後』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁された予告編では、謎の部屋CUBEで目覚めた年齢も職業も違う6人の男女に次々と“死のトラップ”が襲いかかる様が映し出されている。全方向に謎の扉がある立方体の部屋で目覚めた6人の男女は、エンジニア、フリーター、整備士、団体職員、中学生、会社役人と年齢も仕事もバラバラ。謎の部屋から脱出しようとする彼らを、火炎噴射やワイヤースライサーなど、数々の死のトラップが襲い、菅田将暉演じる主人公をはじめ登場人物たちが叫び声を上げる。

それぞれの部屋に並べられた暗号は何なのか。なぜこの6人が集められたのか。目的も正体も不明なCUBEの中で絶望の叫びが響き渡り、死の恐怖と葛藤が広がっていく様が切り取られている。

また併せて解禁された本ビジュアルは、小さな仕掛けが散りばめられた1枚になっている。たとえば菅田さんの足元には予告編で登場した数字が刻まれており、ビジュアル右下には6人のものとは違う正体不明の腕が映り込んでいる。ほかにも「死のトラップ迷宮。生きて出られるか。」という文字の上には何かで引っ掻いたような痕があるなど、それぞれ異なる表情を浮かべる6人とこれらの仕掛けがどう関係していくのか、気になる仕上がりだ。

『CUBE 一度入ったら、最後』は10月22日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close