映画

坂口健太郎、謎解きスタート…ピエロの目的とは?『仮面病棟』本編映像 | .

坂口健太郎が医師役、永野芽郁が女子大生役で共演する、現役医師・知念実希人が描く傑作ベストセラーミステリーの映画化『仮面病棟』。明日3月6日(金)公開の本作からこの度、謎解きスタートのきっかけとなる超重要シーンを映した本編映像が到着した。

>>『仮面病棟』あらすじ&キャストはこちらから

仮面の凶悪犯に占拠された病院が舞台の本作。到着した映像は、当直医を務め事件に巻き込まれてしまった医師・速水(坂口さん)と、ピエロに撃たれて病院に運ばれてきた瞳(永野さん)が謎解きをスタートさせるきっかけとなる場面。


拳銃を持って田所病院を占拠したピエロによって、病院内で監禁を受けている彼ら。待合室で座る瞳に、突如看護師・東野(江口のりこ)が近づき、なにやら耳打ちをする…。

そして、その様子を見ていた速水が内容を聞くと「あいつだけじゃない、気をつけて」とピエロに共犯者がいることをほのめかされたのだという。

それに対して速水は、荒らされた院長室や鍵がかけられた手術室にある最新鋭の設備の様子など、不自然なことをふり返り「ピエロはただの強盗じゃない」と、まさに謎解きをスタートさせる緊迫の場面となっている。

『仮面病棟』(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
『仮面病棟』は3月6日(金)より全国にて公開。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close