映画

広瀬すずの大根芝居に吉沢亮も呆れ気味?『一度死んでみた』 | .

広瀬すず、吉沢亮、堤真一に加え、松田翔太や城田優、佐藤健ら5分に1回、驚きのキャストが登場する映画『一度死んでみた』。この度、本作がコメディ初挑戦となる広瀬さんが、渾身の泣き真似演技を披露するコミカルなシーンが到着した。

>>『一度死んでみた』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、広瀬さん演じる反抗期継続中のこじらせ女子大生・七瀬が、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態になってしまった大嫌いな父親・計(堤さん)を、生き返る前に火葬されるピンチから救うべく奔走するハートフルコメディ。

今回到着したのは、『四月は君の嘘』、『ちはやふる』シリーズ、連続テレビ小説「なつぞら」など様々な作品に出演してきた広瀬さんが、“うますぎる渾身の大根芝居”を披露するシーンの映像。


仮死状態になって動けないのをいいことに、計の生き返る前に火葬を済ませようと画策するライバル会社のワトソン製薬。そんな父の絶体絶命のピンチを救うため、七瀬と吉沢さん演じる計の秘書・松岡が考えた秘策は、告別式を行い時間を稼ぐこと!

それにはまず、野畑製薬の役員たちを説得しなければいけない。そして松岡は、七瀬が「告別式をやりたい」と泣き落とし、情に訴えかける作戦を思いつく。演技はできるかと聞く松岡に、「めちゃめちゃ…うまい」と自信満々の七瀬。だが、実際やってみると、松岡も「最低の演技だ」と呆れてしまうほどだった…。

そんな自信満々に答えたシーンでは、耳を触っている七瀬。これは劇中に何度も出てくる七瀬の癖のひとつとなっており、耳を触っているときの発言と、その後の行動…その共通点に注目だ。

『一度死んでみた』(C)2020 松竹 フジテレビジョン
『一度死んでみた』は3月20日(金・祝)より全国にて公開。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close
Close