映画

北村匠海、『東京リベンジャーズ』初の有観客イベントに「本っ当にやっと届けられた」 | .

人気漫画の実写映画化『東京リベンジャーズ』が、いよいよ今月公開を迎える。公開スタートに先立ち、昨日6月30日、本作の出演者である北村匠海、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、間宮祥太朗が登壇した“リベンジプレミア”が実施された。

>>『東京リベンジャーズ』あらすじ&キャストはこちらから

5月に実施されたプレミアイベントは、無観客での実施だった。今回は、その“リベンジ”という意味合いも込もった、本作初の有観客でのイベントだ。

しかし来場者は、今回キャストが登壇することは知らされておらず、上映終了後、キャストの声でナレーションが流れ、間宮さんの「種は蒔いた。リベンジプレミア始めるぞ」というキサキのセリフをもじった掛け声と共にキャストが登壇。盛り上がりは最高潮に達した。

タイムリープする主人公・タケミチを演じた北村さんは、「良かったね皆リベンジ出来て!」と語りかけ、「僕らもここに立てて嬉しいです」と笑顔。裏で暗躍する東京卍曾幹部・稀咲鉄太役の間宮さんは「映画楽しかったですか?」と観客に語りかけ、「拍手とか返ってくるのっていいね!皆さんがいるという事で、こちらも気分が上がっております」と語った。

また「本っ当にやっと届けられたという気持ちです。撮影も何度も止まって何度もリベンジして今があるので、僕らはずっと同じ炎を燃やしながらここまできましたけども、やっとその炎を皆に託せるんだ、映画が完成するのってこんなに感動できるんだって感じています」と喜びを噛み締めた北村さん。

タケミチと敵対する役を演じた鈴木さんは「10年くらい俳優活動をさせて頂いていますけど、一番悪い役ですからね。よく映画をご覧になった会場の皆さん拍手で迎えてくれたなと思います」と笑いつつ、「一番最後の(北村との)シーンも途中間が空いての撮影だったので、皆さんに届けられて嬉しい気持ちでいっぱいです」と撮影をふり返った。

そして「観て頂くと分かるんですが、僕と(清水)尋也はちょっと続編が無いことには困っちゃうなぁと(笑)」と語る間宮さん。「続編はお客さん次第だと思いますので、大きくはリベンジャーズに関わった皆のため、小さくは俺と尋也のために続編の後押しをして頂けると嬉しいです!」とお願いし、清水さんも「僕はプレミアイベントの時に“謎の不良”って呼ばれたんですが、多分観終わった後も“謎”のままだと思うので、これに関しては僕からもお願いします」と会場を盛り上げた。

『東京リベンジャーズ』リベンジプレミア(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
またイベントでは、MC・北村さんでキャストのみでトークを展開させる場面も。“この中で本当にヤンキーだったら一番強いのは誰?”という話題では、体格的に<間宮VS鈴木>という流れになるも、間宮さんの「郷敦が空手が凄いっていうのを聞いたことがある」という発言から眞栄田さんに決定。

『東京リベンジャーズ』リベンジプレミア(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
“現場で初めて会った時の第一印象は?”という話題になるも、ほとんどのキャストがすでに会ったことがあったため、全員共通で初対面だったという眞栄田さんとの初対面エピソードを語る展開になり、「マッケン(実兄の新田真剣佑)から話は聞いていて、(実際に会うと)すごくキラキラしている方だなと思いました」(北村さん)、「(劇中では共演シーンが無く)番宣の占い番組で初めましてだったので、初めましての状態で占い師の方に色々言われて、そのイメージがお互いについちゃいました(笑)」(間宮さん)、「マッケンは朝“おはよう!”って感じなんですけど、郷敦は“おはようございます!”ってちゃんと挨拶してくれるんです」(鈴木さん)、「同い年だ!と思って喜んでいたら体つきがエグイなと(笑)」(清水さん)と印象を披露していた。

『東京リベンジャーズ』リベンジプレミア(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
『東京リベンジャーズ』は7月9日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close