映画

藤原竜也史上最も謎めいたキャラ?『鳩の撃退法』で謎を仕掛ける天才作家に注目 | .

直木賞受賞作家・佐藤正午の最高到達点との呼び声高い小説を映画化した『鳩の撃退法』。ネット上ではすでに原作を読んだ人や予告編を観た人から「これ、どうやって映画化するの!?」「めちゃくちゃ気になる!」と話題沸騰中。そんな本作で予想もつかない謎を仕掛ける天才作家・津田伸一を藤原竜也が演じることで、さらに注目が集まっている。

>>『鳩の撃退法』あらすじ&キャストはこちらから

本作で主演を務めるのは、“新世界の神を目指した男”や“殺人を告白しカリスマになった男”、“元殺し屋の天才料理人”など、これまで強烈なキャラクターを見事に演じ切ってきた唯一無二の俳優・藤原竜也。

その藤原さんが本作で演じる“津田伸一”はかつて直木賞を受賞した天才作家。富山で「女優倶楽部」の送迎ドライバーとしてその日暮らしを続けているが、ある日、大金を手にしたことから思いもよらない出来事に巻き込まれていく、という新作小説を執筆中。だが、この新作は小説の中だけとは思えない内容で、周りをも巻き込んでいくというひと癖もふた癖もあるキャラクター。

『鳩の撃退法』(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会  (C)佐藤正午/小学館
津田が執筆している新作小説の内容は、“小説(ウソ)なのか、それとも現実(ホント)なのか”を観客が劇中の登場人物と同じ目線に立って追体験することで、津田が仕掛けた真相の見えない謎に挑んでいくのは本作の見どころの1つ。

“謎の偽札”・“一家失踪事件”・“裏社会の男”という謎に満ちた3つのキーワードと、天才作家・津田伸一。点と点が線で繋がるように全ての謎がどう彼へと結びつくのか? 観客参加型謎解きエンター<転>メントと称された本作、そして藤原さん演じる津田伸一が仕掛けた謎に挑む主人公は、映画を目撃するあなた自身といえるだろう。

『鳩の撃退法』は8月27日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close