映画

小栗旬が刑事、高畑充希は菅田将暉の恋人役『キャラクター』特報 | .

菅田将暉主演、共演に初芝居のFukase(SEKAI NO OWARI)を迎えたダークエンターテインメント『キャラクター』。この度、新たなキャストとして小栗旬、高畑充希、中村獅童の出演が明らかになった。

>>『キャラクター』あらすじ&キャストはこちらから

もしも、売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら? しかも、その顔をキャラクター化して漫画を描いて売れてしまったとしたら? そんなアイディアを基に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描く本作。

小栗さんが演じるのは、山城が描いた漫画と事件の関連性にいち早く気づき、その真相を探る神奈川県警察本部捜査第一課巡査部長・清田俊介。プロデューサーは「完全に当て書き。出演していただけると信じて清田のキャラクターを作り込み、描き出した」と語っている。

小栗さんは役について「事前に監督から“渋くてカッコいい小栗さんが欲しい”とリクエストをされ、敢えていつもより声のトーンも落とし、恥ずかしいくらいカッコつけたイメージで清田を演じています」と明かし、「ぶっきらぼうではありますが、もともと持ち合わせている優しさや刑事としての優秀さがうまく伝わってくれれば嬉しいです」とコメント。

小栗旬 (C) Getty Images
菅田さんとは、『銀魂』シリーズなどで今回5度目の共演。2人が初めて共演したのは「獣医ドリトル」。菅田さんは小栗さんに大きな影響を受け、その後も『共喰い』のクランクイン前日に小栗さんを訪ね、背中を押してもらったこともあったとか。小栗さんは「菅田さんは共演するたびに俳優として成長していて、その成長に触れられる事は幸せなことだと思います」と語っており、小栗さんが座長・菅田さんを大きくサポートする形となる。

高畑さんが演じるのは、漫画家として鳴かず飛ばずの山城を陰で支える恋人・川瀬夏美。連続テレビ小説「ごちそうさん」や「問題のあるレストラン」以来3度目の共演となる菅田さんについて「菅田くんとは久々の嬉しい再会でしたが、かつての鋭さを残しながらも柔らかく、頼もしい佇まいの座長で、私は助けてもらいっぱなしでした」と高畑さん。「真綿で首を絞められ続けるようなザワザワをエンターテイメントに昇華した、最近の邦画では珍しい作品になりそうな気がしています。個人的には、体験した事ないほどの血糊に、すこし興奮しました。完成がとっても楽しみです」と公開へ期待を寄せた。

高畑充希『引っ越し大名!』完成披露試写会
そして獅童さんは、清田の上司、神奈川県警察本部捜査第一課警部補・真壁孝太を演じる。消えてしまった犯人を清田と共に追う役どころで、コンビを組むことに。元暴走族の清田を警察官にすることで救い出し、刑事として上司と部下という関係になっても、昔のままタメ口を許す懐の深い男だ。「小栗さんとは、15年ぶりの共演なのですが、とても懐かしく、一緒にいて心地よく安心できる存在です」と印象を述べ、「菅田さん、高畑さんもとても注目していた役者さんなので、この作品に出演させていただく決め手にもなりました。菅田さんは、撮影中に何度か小栗さんと自宅に遊びにきてくれて、趣味も似ているということもあり色々な話をしました」とエピソードを披露した。

中村獅童/TAG Heuer 銀座 ブティックオープニングセレモニー
そして、本編映像を使用した特報映像も公開。菅田さん演じる漫画家・山城の執筆シーンというごく普通の日常から、事件現場に居合わせてしまうスリリングな映像へと移り変わる。そして今回発表された新キャストたちの姿も確認することができる。


『キャラクター』は6月公開予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close