映画

二宮和也「いい芝居するなぁ」自画自賛からの照れ笑い『浅田家!』ビジュアルコメンタリー公開 | .

二宮和也を主演に、『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太監督が実話を基に紡いだオリジナルストーリー『浅田家!』。そのBlu-ray&DVD発売を前に、二宮さんと中野監督、原案の浅田政志によるビジュアルコメンタリーの一部が公開された。

>>『浅田家!』あらすじ&キャストはこちらから

第36回ワルシャワ国際映画祭にて最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)、第44回日本アカデミー賞優秀作品賞を受賞した本作。

Blu-ray&DVD豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーは、主演の二宮さん、浅田さん、中野監督が映画本編を見ながら撮影当時のエピソードを明かしたり、二宮さんの呼びかけによって公式Twitterに寄せられた本作に関する質問に答えていく、ここでしか見られない貴重な映像。


ビジュアルコメンタリーに初めて参加した浅田さんは、これから何が始まるのか、と不安な様子。監督も音声のみのオーディオコメンタリーは経験があるが、ビジュアルコメンタリーは初めてとのこと。何回か経験のある二宮さんが「映画を観ている我々の映像も映っているんですよ」と説明するところから始まっている。

今回公開された映像はそのほんの一部で、自分が出演していないシーンについて「どんなふうになっているんだろうって見たりするの?」と監督に聞かれた二宮さんは「見ます。見ます。むしろ、そっちを見たい」と即答。「自分が関わっているシーンは、特に」と、黒木華演じる若奈が二宮さん演じる政志と電話で話すシーンを観ながらコメント。

また、あるシーンで「いい芝居するなぁ」と自画自賛する二宮さんに、「伝説のシーン」と話を膨らます監督。二宮さんが「そこまで(話に)被せられると…」と照れ笑いする様子も収められている。

公開された映像のほかには、二宮さんが演じた浅田政志本人に、「本当にこんな感じだった?」と質問したり、浅田さんから2人に、中野監督から2人に、撮影当時の話や原案となった「浅田家」の撮影など、役者、監督、写真家とそれぞれ違う立場から質問が飛び交い、応じる様子も。

また、公式Twitterにも作品ファンから質問が寄せられており、それに対し監督や浅田さん、二宮さんが答えるという新しい試みも行われたよう。Blu-ray&DVD豪華版には、ビジュアルコメンタリーほか、メイキング映像やイベント映像集なども収録されている。

『浅田家!』Blu-ray&DVDは3月17日(水)よりリリース。

<『浅田家!』リリース情報>
■Blu-ray豪華版(特典DVD付3枚組) ¥7,500+税
■DVD豪華版(特典DVD付3枚組) ¥6,500+税
■DVD通常版 ¥3,800+税

★Blu-ray&DVD同時レンタル開始
発売・販売元:東宝株式会社

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close