映画

ディーン・フジオカ&山田裕貴、福原遥主演アニメ映画『フラ・フラダンス』に出演 | .

福島県いわき市に実在するスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム、通称「フラガール」の新入社員と同期の仲間たち、彼女たちを取り巻く人々との絆を描く、福原遥主演オリジナルアニメーション映画『フラ・フラダンス』。この度、本作にディーン・フジオカと山田裕貴が参加することが決定した。

>>『フラ・フラダンス』あらすじ&キャストはこちらから

声優初挑戦のディーンさんが演じるのは、主人公たちが勤めるスパリゾートハワイアンズの憧れの先輩社員・鈴懸涼太。

以前から声優をやりたかったと話すディーンさんは「この物語は自分の故郷でもある福島を舞台にしたストーリーということで、生まれ故郷とのつながりの中で改めて自分に何ができるのかを考えるきっかけを頂きました。自分の置かれた場所で、何があっても諦めず、全力で努力し続けることの大切さを教えてくれる、そんな力を持った作品になっていると思います。この物語が一人でも多くの方に伝わることを心より願っております」とコメント。

本作のプロデューサーは「優しい歌声でふるさと(福島)の歌を歌われていた姿が、演じていただいた鈴懸涼太というキャラクターのまなざしの温かさや佇まいにリンクすると思った」とプロジェクト立ち上げ時から熱望していたことを明かし、現場での様子は「ストイックに取り組まれており、物語後半の主人公・日羽との掛け合いの場面は、完成前なのにジーンときました」とふり返っている。

一方、現在放送中の主演ドラマ「ここは今から倫理です。」も話題の山田さんが演じるのは、おとぼけキャラだが情に厚く、日羽たちと一喜一憂を共にするマネージャーの平和人だ。

アニメ好きの山田さんは、本作で総監督を務める水島精二の大ファンを公言しており、数年前に見に行った舞台で偶然水島さんを見かけ、それ以来交流があるそうで、「すごく嬉しくて、お話をお聞きして、すぐにマネージャーさんに『絶対、やりたい』と連絡しました」と興奮したそう。「参考に見せていただいた映像が素晴らしく、完成したら自分の想像をはるかに超えてくるのは間違いないので僕自身、完成を楽しみにしています」と期待も寄せている。

山田裕貴/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
水島総監督のラブコールにより、この役に決定した山田さん。山田さんはセリフを全て覚えてアフレコに臨んでいたそうで、プロデューサーは現場での様子を「様々な演技プランをもって収録に臨んでいただきました。平マネージャーが登場するたび、お客様が笑ってホッとできるような平マネージャーにぜひ癒されていただきたいです」とコメントしている。

『フラ・フラダンス』は初夏、全国にて公開予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close