映画

永野芽郁「今までに見たことのない私」バカリズムがOLの抗争描く『地獄の花園』に主演 | .

永野芽郁主演、バカリズムが脚本を担当し、有名アーティストのMVを手掛ける関和亮が監督する映画『地獄の花園』の公開が決定。特報映像とティザービジュアルも到着した。

普通のOL生活を送る直子の職場では、裏で社内の派閥争いをかけ、OLたちは日々喧嘩に明け暮れている。ある日、一人のカリスマヤンキーOLが中途採用されたことをきっかけに、全国のOLたちから直子の会社は狙われることに。テッペンをかけた争いから直子は、平穏無事なOLライフを全うすることができるのか――。

本作は、バカリズムさんが日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大なストーリーをオリジナル脚本で手掛ける映画。『仮面病棟』、連続テレビ小説「半分、青い。」、「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」、「親バカ青春白書」への出演も話題となった今作の主演の永野さんは、普通のOLライフに憧れる主人公・直子を演じる。

到着した特報映像では、普通のOL生活の様子が描かれるが、特攻服を着たヤンキーたち(※全員OL)が熾烈な争いを繰り広げるシーンが突如登場。また、黒い日傘をさす謎の女(※総務部)の姿も…。ラストには、「寝言こいてんじゃねーよブス!」と衝撃的なセリフを言い放つ永野さんも映し出されており、強烈なインパクトを残す映像に仕上がっている。


劇中では、本格的なワイヤーアクションに挑戦している永野さんは「ごく普通のOLライフに憧れる直子という役を演じておりますが、“なにを言っているんだろう”と思ってしまうほど暴言も吐いています」と明かし、「撮影現場はずっと笑いが絶えなかったですし、監督・スタッフそして他の出演者の方みんなで面白い作品になるよう一生懸命頑張りました。きっと今までに見たことのない私をお見せできると思いますし、今までにない大きな作品になっていると思いますので、楽しみに待っていてください」とアピール。

バカリズムさんは「今回、『女性のヤンキーものを書いて欲しい』というオファーを頂き、最初は女子高生のバイオレンスな話を書いていたのですが、もっと非現実的でバカバカしくするために関監督に『設定をOLしませんか?』と提案したところ、『面白いですね!』と乗って頂き、そこから関監督の演出でより壮大なバカバカしい映画になりました」と経緯を語っている。

関監督は「OL×ヤンキーと言うバカリズム独特の世界観を素敵なキャスト陣が全力で演じております。ありそうでなかった世界でどんなことが起こっていくかご期待いただければと思います」とコメントしている。

さらに、地獄のようなブチギレでガンを付ける永野さんと、そして花園のような可憐な笑顔の永野さん、両面が写し出されたティザービジュアルも公開された。

『地獄の花園』は2021年5月、全国にて公開予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close