俳優

THE CONVOY SHOW vol.40『パピプペポ~!』開幕!東京から大阪へ続く!:時事ドットコム

[株式会社キョードーメディアス]


俳優・演出家の今村ねずみが1986年に立ち上げた「THE CONVOY SHOW」。その第40回公演『パピプペポ~!』が、11月26日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで開幕した。

 
2020年、22年ぶりに地球へやってきた5人の宇宙人、「ポー星人」は驚く。新しい時代を迎えたばかりの日本が、いや地球全体が、新型ウィルスの感染拡大という深刻な問題を抱えて苦しんでいたからだ。ポー星人は、現代人の必須アイテム・スマホを片手に、街へと繰り出す。行き交う人々は顔の半分を覆い、会話をすることもままならない。それでも5人は「任務」を遂行しようと決意。その任務とは、この星に生きる人々を笑顔に、元気にすること。自粛疲れの日本で、ポー星人が立ち上がる…!
 90年代、携帯電話の普及によって街中に響き始めた「ピッ!ポッ!パッ!」というプッシュ音が「宇宙人の交信音に思えた」という今村の発想が元となり、1995年に誕生した『パ+ピ+プ+ペ+ポ~』シリーズ。宇宙人から見た地球の様子を、歌とダンスを交えながらユーモアたっぷりに描いていく作品だ。シリーズ第3弾、22年ぶりの“再会”ということもあり、5人のオープニングダンスに、観客からは「待ってました!」という気持ちのこもった熱い拍手が。近年は、『ATOM』『星屑バンプ』等、若手俳優たちと共演するステージも話題を集めているが、今回は今村、瀬下尚人、石坂勇、舘形比呂一、トクナガクニハルというオリジナルメンバーのみで贈る公演。自らを「熟成肉」と形容する“アラカン”の男たちがド派手な宇宙人に扮し、現代人が抱える様々なストレスをギャグやモノマネ、楽しい音楽で次々と笑いに変えていく。メンバーと観客が手拍子でコミュニケーションを楽しむコーナーもあり、劇場はアットホームな雰囲気に包まれていた。ショウの後半は、スタイリッシュなスーツ姿に着替えた5人が登場。「星」にちなんだ楽曲を優しく歌い、熱く踊り、とびきりロマンティックな時間が流れていく。コンボイショウの見どころのひとつであるタップダンスは情熱的で、聴こえるリズムに心を鼓舞される。何よりパフォーマンス中、目を合わせては微笑み合うメンバーがとても幸せそうで、同じ時を共有してきた仲間がいることの大切さが、より胸に沁みるステージであった。
 ハッピーな時間と「また会おう、この星で!」というメッセージを残し、宇宙へと帰っていったポー星人。彼らと共に「パピプペポ~!」と大きな声をあげられる、その日が待ち遠しい。

なお、12月1日(火)までの東京公演は、若干数当日券あり。12月12日・13日は大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで「パピプペポ~!」。

THE CONVOY SHOW vol.40 『パピプペポ~!』

◇作・構成・演出:今村ねずみ
◇出演:瀬下尚人 石坂勇 舘形比呂一 トクナガクニハル/今村ねずみ

◇公演期間
《東京公演》 2020年11月26日(木)~12月1日(火)  恵比寿ザ・ガーデンホール
《大阪公演》 2020年12月12日(土)~12月13日(日)  COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

◇チケット料金
全席指定 11,000円(税込)  ※未就学児入場不可

◇公演・チケットに関するお問合わせ
《東京公演》ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-15:00)
《大阪公演》キョードーインフォメーション 0570-200-888(平日・土曜11:00~16:00)

【公式サイト】 https://theconvoyshow-papipupepo.com/
【公式twitter】 https://twitter.com/tcs_stagestaff



【STORY】
「地球まるごとハックション!」
「日本は平成が終わり令和が始まったばかりだというのに」
「令和か・・・」
「新しい時代の夜明けが、これじゃ台無しだ」
「誰もが予想だにしなかった出来事がこの地球で起こっているんだ」
「ここ日本も今、深刻な問題を抱えて苦しんでいる」
「みんな、任務を忘れるな」
「我らポー星を代表する」
「遣ポー使!!」
「しっかりとこの目に焼き付けるんだ」
「憧れの星」
「この地球」
「日本」
「東京を!」
「パ!」
「ピ!」
「プ!」
「ぺ!」
「ポー!!」

企業プレスリリース詳細へ
(2020/11/30-21:16)

もっと見せる

関連記事

Close
Close