俳優

ジェームズ・ボンドにも勝るワクワク感?!

あのワクワク感、新作、そして次期主役は?

話題の尽きないジェームズ・ボンド

来年公開予定の新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、007シリーズでは初となるユニバーサル・ピクチャーズの配給となる。

現在のジェームズ・ボンドと言えば、6代目ダニエル・クレイグ。これまで10年以上にわたり、ダンディズム、アクション、スリル、見ているものを引き込みワクワクさせてしまうあの世界観を作り上げてきた。ダニエル・クレイグは、今作でこれまでなしえることのできなかったことをすべて演じ切ることができた、と引退を表明している。この作品の後、7代目ジェームズ・ボンドが登場することになっている。新・ジェームズ・ボンド役になるのがだれかは気になるところだが、その配役についての噂も立ち始めているので気になるところだ。

観る人それぞれの思い入れも強く、これだけの長編シリーズでの世代交代ともなると感慨もひとしおだ。歴代作品を振り返りつつ、様々なおなじみのシーンがそれぞれの思いと共にこみあげてくるだろう。ど派手なアクション、スリルあふれるストーリー設定、美しいヒロイン、ほぼ毎回登場するカジノでの駆け引きのシーン、スリルあふれるカーチェイス…

カジノつながりで…

そう、ジェームズ・ボンドシリーズでのカジノと言えば1967年の初版に始まり約40年の時を経て生まれ変わった2006年の「カジノロワイヤル」が記憶に新しい。どのシリーズでもほぼお目にかかるシーンではあるものの、この作品ではカジノが前面にフィーチャーされる構成となっていた。我々のワクワク、冒険心、駆け引きのスリルを掻き立てる永遠のテーマと言えるだろう。

さて、昨今ではそんなワクワクが自宅に居ながら映画を見るように、自分のスペースでくつろぎながら味わえてしまう時代が到来したのだからこちらも時の移り変わりを感じることだろう。こうしたカジノは今や、オンラインカジノとしてインターネット接続さえあれば楽しめるようになった。海外で運営されるサイトながらも、しっかり完全日本語対応しているので手軽にアクセスでき、新しい時代を感じることができる。

 

次回登場するスポーツカーは?

毎回手に汗握る派手なカーチェイスも、ジェームズ・ボンドシリーズには欠かせないシーンとなっている。これまでは、ロータス、メルセデス・ベンツ、BMW、アストン・マーティンなどが登場してきた。ちなみに、日本車ではトヨタ2000GTも登場したことがある。2000GTはボンドが直接運転した車ではなかったが、「シリーズで最も気に入っている車」であることをダニエル・クレイグが言っている。次回お目にかかれるスポーツカーはいったい何なのだろうか。この点も、私たちの期待を高めてくれるポイントになっている。

待ちきれないワクワク!

シリーズ25作目となる「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開は2021年5月の予定となっている。まだ半年以上先の予定だが、今回も胸躍る高揚感を期待したい。待っている間に、オンラインカジノでそのワクワクを先取りしてみるのも楽しそうだ。スリルと駆け引きの主人公としての気分を味わえることだろう。

 

 

もっと見せる

関連記事

Close
Close