俳優

芸能人の訃報が相次ぐ日本 要潤の『呼びかけ』が話題に (2020年9月28日) – エキサイトニュース

2020年9月27日、俳優の竹内結子さんが自宅で亡くなったことが分かりました。

華やかな美貌と演技力の高さで、数多くの作品に出演していた俳優の突然の訃報は、世間に衝撃を与えています。

要潤が「自己肯定感を高めましょう」と呼びかけ

同日、俳優の要潤さんがTwitterを更新。「自己肯定感を高めましょう」と周囲に呼びかけました。

自己肯定感を高めましょう。自分だけの価値、周りからの必要性を感じる。今はぼんやりとしか見えないかもしれませんが、その輪郭を捉えられるだけで充分です。すでに自分の価値がそこにあります。大丈夫、今僕ともこうして繋がってる瞬間があります。

— 要潤 (@kanamescafe) September 27, 2020

要さんは、自分の価値をぼんやりとでもとらえられるだけで十分だとし、「大丈夫、今僕ともこうしてつながっている瞬間があります」と訴えかけます。

さらに、次のような投稿をしました。

地位や名誉が無くても、お金が無くても、身体一つあれば何者にでもなれる。自己破産や、犯罪歴が例えあったとしても、そこから這い上がることだって可能である。今は暗黒の中でも必ず目線を上げれば光があります。それは歴史が証明しています。

— 要潤 (@kanamescafe) September 27, 2020

2020年は、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行や、芸能人の訃報といった暗いニュースが相次ぎ、心が晴れない日々が続く人もいるでしょう。

要さんは、不安になりやすい時を過ごす人々に向けて、前を向けば必ず光があることを伝えたのです。

【ネットの声】

・要さん、前向きなメッセージをありがとうございます。救われる人がたくさんいると思います。

・涙が出て、気持ちがすうっと軽くなりました。自分のペースで、ゆっくり生きていきたいです。

・自己肯定感を持つことは本当に大切です。暗いニュースが続く今こそ、明るさを忘れないようにします。

コロナウイルスのまん延により、私たちの生活は一変しました。

先の見えない状況に不安や悩みを抱く一方で、他者との交流が減り、知らず知らずのうちにストレスをためこんでしまうことも。

自分の大切にしている人やものを改めて振り返り、周囲の人と想いを伝え合う時間を作っていきたいですね。

[文・構成/grape編集部]
もっと見せる

関連記事

Close
Close