俳優

「ミッドウェイ」インタビュー映像公開 日米俳優陣が語る撮影秘話、日本語の歌も披露!? : 映画ニュース – 映画.com

2020年9月18日 19:00

「ミッドウェイ」キャストたち

[映画.com ニュース]「インデペンデンス・デイ」シリーズのローランド・エメリッヒ監督が、20年に及ぶリサーチを経て歴史的海戦を描いた「ミッドウェイ」(公開中)から、日米俳優陣が撮影秘話を語るインタビュー映像が披露された。

本作は、未曾有の戦いとなった第2次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦を、日米両軍に敬意を捧げて再現。ウッディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、デニス・クエイド、アーロン・エッカート、豊川悦司、浅野忠信、國村隼ら実力派が結集した。

画像2

インタビューはハワイで行われたプレミアムイベントの際に敢行。エメリッヒ監督を“マスター(名匠)”とリスペクトする俳優陣が、モントリオールやハワイでの撮影エピソードと本作にかける思いを語っている。

山本五十六を演じた豊川は、極寒のモントリオールではマイナス15度の大雪の中でも撮影を続ける監督に驚いたと振り返る。ウィルソンは「台本に日本語のセリフがあってすごくワクワクした。母国語以外で演じている人々に尊敬の念を抱いたよ」と撮影を回想し、最後にはクエイドがいきなり日本語で歌い出すサプライズも収められている。

(映画.com速報)

もっと見せる

関連記事

Close
Close