俳優

「好きな韓国俳優」ランキングを発表<トップ15> – モデルプレス

verajohn-casino-get-30usd-bonus-coupon


大人気の「愛の不時着」「梨泰院クラス」に始まり、外出自粛やサブスク拡大の影響で韓国ドラマブームはとどまるところを知らず。そこでモデルプレスでは、今見ている韓国ドラマをテーマにWEBアンケートを実施。その中の「好きな韓国の俳優は?」の項目から、トップ15となった俳優を発表する。

中央:チャン・グンソク(C)モデルプレス、左から:イ・ジョンソク、パク・ソジュン、チ・チャンウク、キム・スヒョン/Getty Images

目次

  1. 1位:チャン・グンソク
  2. 2位:パク・ソジュン
  3. 3位:チ・チャンウク
  4. 4位:キム・スヒョン
  5. 5位:イ・ジョンソク
  6. 6位:コン・ユ
  7. 7位:ヒョンビン
  8. 8位:ナム・ジュヒョク
  9. 9位:イ・ミンホ
  10. 10位:ソン・ジュンギ
  11. モデルプレス読者の「好きな韓国俳優」トップ15
  12. 後記

1位:チャン・グンソク

チャン・グンソク (C)モデルプレスチャン・グンソク (C)モデルプレス1987年8月4日生まれ。子役時代から活躍し“アジアのプリンス”の異名を持つ彼は、歌手としても活躍しその人気は衰え知らず。今年6月に除隊した際には、日本でも「#おかえりグンちゃん」がTwitterトレンド入りするほどだった。

verajohn-casino-get-30usd-bonus-coupon

代表作に『美男ですね』(2009)、『メリは外泊中』(2010)など。最新主演作『スイッチ~君と世界を変える~』(2018)では天才詐欺師と堅物検事という一人二役を熱演。現在は、除隊後復帰作に期待が寄せられている。

「スイッチ~君と世界を変える~」(C) SBS「スイッチ~君と世界を変える~」(C) SBS<読者コメント>

「どのドラマでも役になりきり本人を消しきっている。何度見ても何年経っても色褪せない魅力がある」
「字幕がなくて韓国語がわからなくても彼の演技を観ていたらどんな内容なのかわかる」
「外見も素敵ですが、知れば知るほど内面も素敵な方です!」
「演技力はもちろん、歌やMC、バラエティ、何でも完璧にこなす唯一無二の存在です! 」

2位:パク・ソジュン

パク・ソジュン/Getty Imagesパク・ソジュン/Getty Images1988年12月16日生まれ。『梨泰院クラス』で一躍日本でも人気者となった彼。“メガヒット保証俳優”と呼ばれ、出演作は全てヒットさせる最もホットな俳優の1人。一重まぶたの優しい眼差し、185cmの抜群のスタイル、朗らかな人柄で女性たちの心をわしづかむ。噛めば噛むほど味が出る沼落ち注意俳優。

そのほか代表作に『彼女はキレイだった』(2015)、『花郎<ファラン>』(2016)、『キム秘書はいったい、なぜ?』(2018)など。

「梨泰院クラス」(画像提供:Netflix)「梨泰院クラス」(画像提供:Netflix)<読者コメント>

「演技力はもちろんのこと、素顔がチャーミングで魅力的!何よりカッコいい!」
「ラブロマンスからアクションまでこなせる甘い笑顔と抜群のスタイル」
「高身長でスタイルがめちゃくちゃいいのに、脱ぐとムキムキ」
「毎回の役にピタリとハマってる!かっこいい!声もいい!」

3位:チ・チャンウク

 チ・チャンウク(Photo by Getty Images) チ・チャンウク(Photo by Getty Images)1987年7月5日生まれ。アジア人離れした彫りの深い王子様フェイスにドキリ。ラブコメの名手である彼は、激しいアクションを伴う“便利屋”、硬派な敏腕刑事、ちょっと間抜けなコンビニ店長までありとあらゆる役柄でロマンチックな恋愛を繰り広げる。美しいキスシーンも彼の代名詞。

代表作に『ヒーラー~最高の恋人~』(2014)、『THE K2~キミだけを守りたい~』(2016)、『あやしいパートナー~Destiny Lovers~』(2017)など。除隊後復帰作『コンビニのセッピョル』(2020)も話題に。

「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」(C) SBS「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」(C) SBS<読者コメント>

「イケメン!とにかくイケメン!中身も見た目も!」
「母性本能をくすぐる演技に胸キュン」
「容姿端麗、歌も上手、とてもファン思いで、全てが素敵で完璧」
「男らしいかっこいい面からの、子犬のようなかわいい面のギャップ」

4位:キム・スヒョン

キム・スヒョン (C)モデルプレスキム・スヒョン (C)モデルプレス1988年2月16日生まれ。除隊後復帰作となった最新ドラマ『サイコだけど大丈夫』(2020)で話題の彼は、新・韓流四天王とも呼ばれ、今やアジア中に不動の人気を誇る。デビュー時はMC業などをしていたが、2012年の『太陽を抱く月』が大ヒットし一躍トップ俳優に。ラブロマンスはもちろんのこと映画『シークレット・ミッション』では北朝鮮のスパイを演じるなど、高い演技力も評価されている実力派。

そのほか代表作に『星から来たあなた』(2013)、『プロデューサー』(2015)など。

 「サイコだけど大丈夫」キム・スヒョン、ソ・イェジ(画像提供:Netflix) 「サイコだけど大丈夫」キム・スヒョン、ソ・イェジ(画像提供:Netflix)<読者コメント>

「顔がとにかくかっこよくて、体格も絶妙!笑顔になった時のキュンキュンさが半端ないです!」
「かっこよくて演技が素晴らしい上に、歌も凄く上手!」
「色んな役に溶け込める凄さがある」
「顔から優しさがにじみ出てる」

5位:イ・ジョンソク

イ・ジョンソク/Getty Imagesイ・ジョンソク/Getty Images1989年9月14日生まれ。彼も新・韓流四天王と呼ばれる1人。“メロ職人”“キス職人”の異名の通り、これまで数々のラブコメで名シーンを生み出してきた。色白・繊細なルックスが塩顔イケメンの代表格として日本での人気も高く、かわいい笑顔が人気ポイント。現在兵役期間中だが、近く除隊も待たれる。

代表作に『あなたが眠っている間に』(2017)、『W-君と僕の世界-』(2016)や、『ピノキオ』(2014)、『ロマンスは別冊付録』(2019)など。

<読者コメント>

「優しい可愛い役も、シリアス系やコメディー系もできる人です!早く兵役から帰ってきてほしい!」
「甘い笑顔がたまらない!」
「人懐っこくて、笑顔が可愛い!」
「作品ごとに全く異なるキャラクターを違和感無く演じてる!」

6位:コン・ユ

コン・ユ/Getty Imagesコン・ユ/Getty Images1979年7月10日生まれ。人気韓国俳優といえばやはりこの人。出世作「コーヒープリンス1号店」を機に日本でもファンミーティングを行うほどの人気に。2016年の『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』で不滅の命を生きる鬼を演じ、同作は近年の韓国ドラマを代表する名作となった。185cm近くある完璧なスタイルと整った顔立ち、頼もしくも茶目っ気のある性格で彼を理想の男性として挙げる女性も多い。

そのほか代表作に『ビッグ ~愛は奇跡~』(2012)、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016年)など。映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が10月9日に日本公開予定。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION<読者コメント>

「40代には見えないほどのかっこよさ!」
「全てが完璧」
「かっこよくてダンディーで、笑ったときはとってもかわいい」
「40代ながら筋肉ムキムキで抜群のスタイル。無邪気さが可愛い」

7位:ヒョンビン

ヒョンビン/Getty Imagesヒョンビン/Getty Images1982年9月25日生まれ。『愛の不時着』リ・ジョンヒョク役で世界中の女性を虜にしたヒョンビン。出世作『私の名前はキム・サムスン』(2005)は視聴率50%超えを記録し、日本でも人気韓流スターの1人に。兵役では海兵隊に入隊するなど、役柄に負けない硬派でストイックな人柄もファンのハートを掴んでいる。

そのほか代表作に『シークレット・ガーデン』(2010)、『ジキルとハイドに恋した私~Hyed Jekyll. Me~』(2015)、『アルハンブラ宮殿の思い出』(2018)など。

「愛の不時着」(提供写真)「愛の不時着」(提供写真)<読者コメント>

「確かな演技力、ラブもアクションもこなせて、人柄も素晴らしい」
「滲み出る色気がある」
「いつもファンへの感謝を忘れる事なく、募金活動を行ったりしているところが素晴らしい」
「役作りが徹底している。容姿に柔らかさとシャープさがどっちもある」

8位:ナム・ジュヒョク

ナム・ジュヒョク (C)モデルプレスナム・ジュヒョク (C)モデルプレス1994年2月22日生まれ。『恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~』(2016)でドラマ単独初主演を果たし、胸キュン必至のストーリーで一躍人気に。IU主演の大ヒット作『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』(2016)でも、名だたる俳優陣の中存在感たっぷりにイケメン皇子ぶりを演じている。

そのほか代表作に『恋するジェネレーション』(2015)、『ハベクの新婦』(2017)、『眩しくて』(2018)など。

「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」(C)MUSIC K. all rights reserved.「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」(C)MUSIC K. all rights reserved.<読者コメント>

「可愛くて癒される」
「顔・ルックス・性格全て完璧と言っても過言ではないほど」
「演技の幅が広く、背が高く、顔含め全てがかっこいい!!」
「可愛い顔なのに腹筋バキバキのギャップ!」

9位:イ・ミンホ

イ・ミンホ/Getty Imagesイ・ミンホ/Getty Images1987年6月22日生まれ。『花より男子~Boys Over Flowers』のク・ジュンピョ役でもおなじみのイ・ミンホ。彼も新・韓流四天王と呼ばれる1人で、女子が一度は憧れるような王子様のような雰囲気が魅力。世界中に熱狂的なファンを持つ。

最近では除隊後復帰作『ザ・キング:永遠の君主』(2020)では、『相続者たち』(2013)ぶりに人気脚本家キム・ウンスク氏とタッグを組み話題となった。

そのほか代表作に『シンイ~信義~』(2012年)、『青い海の伝説』(2016)など。

「ザ・キング:永遠の君主」(画像提供:Netflix)「ザ・キング:永遠の君主」(画像提供:Netflix)<読者コメント>

「人柄ももちろん、ドラマによって顔が違うのが魅力」
「引き込まれる眼力と演技力」
「彫刻顔!横顔がたまらない」
「顔が良いだけじゃなく、ファンが落としたものを拾ってあげるなど優しさもあり、なにより演技が上手」

10位:ソン・ジュンギ

ソン・ジュンギ/Getty Imagesソン・ジュンギ/Getty Images1985年9月19日生まれ。『太陽の末裔 Love Under The Sun』(2016年)のユ・シジン大尉役で知られるソン・ジュンギ。同作は放送から4年以上経った今でも不動の人気を誇る。スマートで屈強な軍人のイメージもあるが、映画『私のオオカミ少年』(2012)ではオオカミのような男子を演じるなど多彩な役柄を演じ分ける彼。

2019年の主演ドラマ『アスダル年代記』は韓国ドラマ初の古代を舞台にした壮大な作品で、高い注目を浴びた。

そのほか代表作に『トキメキ☆成均館スキャンダル』(2010)、『根の深い木~世宗大王の誓い~』(2011)、『優しい男』(2012)など。

「太陽の末裔」 Licensed by Next Entertainment World(C)2016 Descendants of the Sun SPC「太陽の末裔」 Licensed by Next Entertainment World(C)2016 Descendants of the Sun SPC<読者コメント>

「塩顔で整った顔立ち、スタイルが良い」
「太陽の末裔を見て、演技力の高さと肉体や仕草に惹かれます」
「中性的な顔だが、演じると男らしさが溢れ出るところ。男として憧れる」
「太陽の末裔のシジン大尉がとにかくかっこよかった!」

モデルプレス読者の「好きな韓国俳優」トップ15

1位:チャン・グンソク(146票)
2位:パク・ソジュン(106票)
3位:チ・チャンウク(97票)
4位:キム・スヒョン(62票)
5位:イ・ジョンソク(50票)
6位:コン・ユ(47票)
7位:ヒョンビン(46票)
8位:ナム・ジュヒョク(40票)
9位:イ・ミンホ(36票)
10位:ソン・ジュンギ(22票)
11位:パク・ボゴム(19票)
12位:チョン・ヘイン(14票)
13位:チャ・ウヌ(12票)
14位:ソ・イングク(10票)
15位:パク・ヒョンシク(9票)

回答数:1,080件
調査期間:2020年8月9日~8月14日

後記

ファンを大切にし、世界中のファンから愛されるチャン・グンソクが1位に。先日除隊し、ドラマ・映画復帰をファンも心待ちにしていることだろう。2位以降は、Netflixなどサブスク配信で話題となったドラマに出演している人気俳優が続々。中でも多くのラブコメに出演し「一度見たら好きになってしまう」と言われる甘いフェイス、チ・チャンウクの人気が判明した。もうすぐ除隊が予想されるイ・ジョンソクも、復帰作は話題となる予感。11位のパク・ボゴム主演で現在Netflix配信されている新作ドラマ「青春の記録」の行方にも注目したい。(modelpress編集部)

「サイコだけど大丈夫」が凄い6つの理由 TWICE、BLACKPINKもハマった魅力に迫る

「梨泰院クラス」「愛の不時着」の次に何見るか問題 10作品をレコメンド

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

casino-x-get-30usd-bonus-coupon
もっと見せる

関連記事

Close
Close