俳優

『エール』祝・放送再開! “サスペンダー坊主”ことハナコ・岡部大に喜劇俳優誕生の予感 66話 – エキサイトニュース

verajohn-casino-get-30usd-bonus-coupon

第14週「弟子がやって来た!」 66回〈9月14日 (月) 放送 作・嶋田うれ葉 演出:松園武大〉

祝・放送再開!

コロナ禍で撮影が中断し、6月末から2カ月ほど放送も中断し、1話から再放送されていた『エール』がついに再開。

『おはよう日本 関東版』でも高瀬耕造アナが「おかえりなさいエール、いよいよ再開です」と感無量。涙にむせぶ目を腕でこする仕草を『エール』に切り替わる瞬間に滑り込ませるタイミングもさすが。

こんなふうに朝ドラを愛するアナウンサーの言動に喜びながら、朝ドラを観る。ひさしぶりに日本の朝を実感。やっぱり朝ドラが毎日朝8時に放送されていることが日本の朝の風景なのである。

再放送には登場人物による解説副音声が付加されていたので、今日もつい副音声をつけてしまった。通常の副音声は視覚障碍者のための解説になっている。これまで気にしていなかったが、毎朝、副音声で説明してくれている副音声の存在(声・山崎健太郎)に気づけたことが休止中の収穫だった。

verajohn-casino-get-30usd-bonus-coupon

『エール』祝・放送再開! “サスペンダー坊主”ことハナコ・岡部大に喜劇俳優誕生の予感 66話

写真提供/NHK

これまでの振り返り

1〜65回までが2度繰り返されたわけで、十分、1〜65回までは理解できたと思うが、念のためこれまでを140文字程度で振り返っておく。

福島で生まれた古山裕一(窪田正孝)は引っ込み思案な少年期、音楽と出会って変わっていく。
音楽を通して音(二階堂ふみ)と結婚、東京に出てきて作曲家となる。
学んできた西洋音楽と日本の歌謡曲の違いに最初は悩んだものの「船頭可愛や」がヒット。ようやく作曲家としての道も拓けてきた。(135文字)

岡部大に注目

作曲家として徐々に(そこそこ)売れてきた裕一のもとに、弟子入りを熱望して田ノ上五郎(岡部大/ハナコ)が訪ねて来た。「得てして純朴な人間は思い込んだら諦めが悪いのは世の常で」(ナレーション 津田健次郎)と言われてしまう五郎は水戸の雑穀店に奉公していた苦労人。裕一に断られても何度も何度もやってくる。徐々に「今日も来るかな」「絶対来るよ」と裕一は娘の華と五郎が来るのを期待(?)するようになっていく。

casino-x-get-30usd-bonus-coupon
もっと見せる

関連記事

Close
Close