俳優

“日本でも公開”ユ・アイン&パク・シネ主演、映画「#生きている」Netflixグローバルムービーチャート1位を獲得…韓国映画で初の快挙 – Kstyle

写真=ロッテエンターテインメント緊張感溢れるストーリー、俳優たちの魅力的な演技シナジー(相乗効果)、新鮮な見どころで好評を得た映画「#生きている」(監督:チョ・イルヒョン)が、Netflixグローバルムービーチャート1位という快挙を成し遂げた。

「#生きている」は、原因不明の症状を訴える人々が攻撃を開始した中、統制不能に陥った中でWi-FiやSNS、モバイルメッセージ、電話などすべてが遮断された状態で、アパートに孤立した人々のストーリーを描く生存スリラーである。同映画がNetflixを通じて全世界に公開され、2日にしてNetflixのグローバルムービーチャート1位を獲得した。

映像コンテンツのランキングチャートを提供する「FlixPatrol」によると、「#生きている」はNetflix公開1日目にしてグローバルムービーチャート2位となり、2日目(9月10日時点)にはアメリカとフランス、スペイン、スウェーデン、ロシアなど、ヨーロッパの国々やオーストラリアを含めて世界中の35ヶ国のムービーチャートで1位を席巻し、一気にグローバルムービーチャート1位を獲得した。韓国で制作されたドラマや映画コンテンツを合わせて、アメリカとヨーロッパ市場でNetflix1位を獲得したのは、「#生きている」が初めてである。

Netflixの関係者は、「全世界の様々な言語と文化圏の視聴者がNetflixを通じて『#生きている』を楽しみ、韓国のコンテンツはもちろん新韓流に対する関心と愛がますます大きくなっている。『#生きている』のように韓国の創作者たちの優れた能力と個性が輝いている作品が、さまざまな国のエンターテイメントファンから継続的に愛されることを期待している」と伝えた。

これを受け、海外の各メディアは「『#生きている』が、あなたの新しいNetflix最愛の作品になるかもしれない(Observer)」「韓国のゾンビジャンルが好きなファンたちに、大きな楽しさを与える(Geek Culture)」「Netflixでゾンビスリラーホラーファンが恋に落ちる映画(Looper)」「コロナ時代に見られる完璧な映画だ(Cinema Escapist)」「多くのキャラクターと長い背景の説明がなくても、ゾンビ映画が創造的で緊張感を高められることを見せている(The Straits Times)」など、好評と推薦コメントを通じて「#生きている」に対する爆発的な関心を証明した。韓国の劇場街を盛り上げたことに続き、世界中の視聴者まで完璧に魅了した「#生きている」は、これまで見たことのない最も新鮮な生存スリラーとして、K-コンテンツのブームを牽引している。

・ユ・アイン&パク・シネ主演、映画「#生きている」9月8日よりNetflixを通じて全世界で公開

・「#生きている」ユ・アイン“新人の監督に会って一緒にやっていく喜びを感じるようになった”

・「#生きている」パク・シネが率直に語る #女優という職業 #ユ・アイン #チェ・テジュンとの公開熱愛

元記事配信日時 : 2020年09月11日15時08分
記者 : ソン・ミギョン

もっと見せる

関連記事

Close
Close