俳優

24時間テレビの過去映像にファン歓喜 仮面ライダー俳優・半田健人、現在は有名企業のCM制作に携わる (2020年8月30日) – エキサイトニュース

 先日、放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)。全枠の世帯平均視聴率が15.5パーセント(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、番組歴代19位の記録を残したが、くりぃむしちゅーの有田哲平が14年前に出演したドラマの映像が流れた際、有田の後に見切れて俳優の半田健人が映り、ネット上では「有田の後ろにいるの半田健人さんだ!」「チラッと半田健人さん出てた」などの声が挙がっていた。

 ​>>「芋くさい子がいない」犬飼貴丈、ジュノンボーイ候補生へのアドバイスは「眉毛を剃るな」<<​​​

 半田と言えば、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考に選ばれたことをきっかけに芸能界入りを果たし、『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)で主演を務めると、その後もイケメン俳優として人気ドラマに出演した。しかし、2010年に入った頃から少しずつ露出が減っていった。半田は今、何をしているのだろうか。

 「歌謡曲に詳しいという半田さん。今は、その知識を生かし昭和時代に多くの名曲を生み出した林哲司さんとともに、地方で昭和歌謡曲について語るラジオ番組を持っています。かなりマニアックな内容が多いですが、コアなファンに支持されているようですね。また、高層ビルや鉄道にも詳しく、自身のTwitterでは『変わりゆく渋谷ですが、今も残る名画に映り込んだ雑居ビルたち』『500系が好きになりそうだ』などとビルや電車の写真を添えて綴り、こちらもマニアックなファンを中心に注目されています」(芸能記者)

もっと見せる

関連記事

Close
Close