俳優

奇想天外、笑いと涙 「青い海の伝説」パク・ジウン|エンタメ!|NIKKEI STYLE

韓国ドラマは脚本が素晴らしい。ドラマが大好きでドラマ作りに命を懸けている韓国では、たとえ人気俳優が出ていようとも、脚本がよくないと簡単にそっぽを向かれてしまう。なので、人気脚本家は俳優のキャスティングよりも重要視されがちだし、そもそも良い脚本じゃないと良い俳優をキャスティングすることも難しいのである。そこで今回、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信されている作品の中から、注目の脚本家にスポットを当てて紹介していく。

第1弾のテーマは”ロマンチックラブストーリー”。そして、「ラブストーリーといえばこの人!」というのが、キム・ウンスク、2000年代のヒットメーカーとして人気作品を作り続けてきた脚本家だ。

2004年の「パリの恋人」は、恋に不慣れな御曹司と生活力のあるたくましい貧乏娘が織りなす究極のシンデレラストーリーで、彼女のキャリアの初期のころの作品だが、韓国で最高視聴率57.4%をたたき出した。

「パリの恋人」(C)SBS

また「相続者たち」(2013年)は、御曹司たちが集まる高校に貧乏なヒロインが入学するという設定は「花より男子」に似ているものの、この作品では、様々な業界のトップに立つ親を持つ”相続者たち”の側にも立って、「”王冠”を親から引き継ぐためにはそれなりの犠牲を覚悟しなくてはならない」という、相続者もそれぞれ辛いのだという青春を描いているのが新しい視点だった。18歳の主人公たちが大人になるということの厳しさを感じながらも前進していこうとする姿にすがすがしさを感じるドラマになっていた。

「相続者たち」(C)SBS

こんな感じでキム・ウンスクは、定番の設定を、おもしろく、センスよく見せるのがうまい。毎回、主人公にエッジのきいた言い回しの会話をさせたり、印象的な性格付けをすることで、どこかコミカルさをかもし出すキャラクターたちのやり取りの妙が生まれ、何気ないところでもキュンキュンくるように作り上げてしまうのだ。

「パリの恋人」に出てくる「ベイビー、行こう!」とか「この中に君がいる」などの決めセリフはいまだにパロディーのように出てくるくらい定番になっている。

そんな彼女の集大成ともいわれたのが「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」。高麗時代から生き続けている不死身の”鬼”と”鬼の花嫁”である女子高生、死に神らが繰り広げるファンタジック・ラブストーリー。

「トッケビ」(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

メインとなるのは、ヒロインと鬼のラブストーリーだが、一方で、前世を忘れられない鬼と、前世を思い出せない死に神が、なんだかんだ言いながら飄々(ひょうひょう)と暮らしていくうちに奇妙な友情が芽生えていくという、男2人が醸し出すケミストリーがドラマの白眉だった。そうした男同士の関係を楽しむ”ブロマンス”(※性的関係のない親しい男性同士の関係)やファンタジーという、今どきの要素を入れつつも、生と死の意味、輪廻(りんね)転生、欲望の恐ろしさ、神の存在、といった哲学的世界観を入れ込んで新境地を見せ、韓国でも一大ブームを巻き起こした。

キム・ウンスクと並んで大ヒットを飛ばしているのがパク・ジウンだ。最新作としては、今、日本をはじめ、世界的にヒットとなっている「愛の不時着」を手がけているが、彼女の作品は、「星から来たあなた」や「青い海の伝説」に代表されるように、宇宙人と国民的女優のカップルや、人魚と詐欺師というように、もはや人外の存在と人間とのラブストーリーという奇想天外な設定ながら、それを荒唐無稽と思わせることもなく、視聴者をすっとドラマの世界に引きこんでしまう筆力がすごい。それに、主人公カップルに横たわる昔からの因縁、運命性が過去とフィードバックさせながら絶妙なタイミングで出てきたり、何気なくまかれた伏線回収もうまいのだ。

キム・ウンスク作品では男性キャラクターが完璧な条件を持つことが多く、男性主導で貧しい頑張り屋のヒロインが引き上げられていく感じ。一方、パク・ジウン作品では男性もすてきだが、ヒロインがとっても輝いて見える。堂々としていて自信たっぷり、ふっと見せる弱さに共感できて,チャーミング。そんな主導的なヒロインに振り回されたり、守ってあげたりすることで、男性主人公の魅力が輝く感じの見せ方だ。

「青い海の伝説」 (C)STUDIO DRAGON CORPORATION

「青い海の伝説」のチョン・ジヒョンは陸に上がった人魚役。まるで野生児のように天真爛漫(らんまん)。人間社会の掟(おきて)やルールが何もわからないので、イ・ミンホ演じる詐欺師の青年が成り行きで保護者になって、調教師のようにいろいろ教えてあげるのだが、この2人のやり取りが、時に大爆笑、時にほほえましくて、イ・ミンホのかわいい一面も垣間見られる。こうした2人が描き出すキュンキュンシーンを楽しむと同時に、愛する相手から愛されなければ陸に上がった人魚の心臓は固まってしまうという枷(かせ)に加えて、過去の因縁をほうふつさせる「財閥一家のお家騒動」も描かれてストーリーを引っ張っていく。

とまあとにかく、笑えるのに悲しくて爆笑と泣きが交互に訪れる主人公ふたりのやりとりを見ているだけで幸せな気持ちになるというのが、最近のパク・ジウン脚本のテイストになっていて見るものを虜(とりこ)にしているのだ。

(文:韓流ナビゲーター・田代親世)

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年6月10日付の記事を再構成]

もっと見せる

関連記事

Close
Close