俳優

広末涼子、柳葉敏郎、海老蔵が日本の夏に光当てる – 芸能 : 日刊スポーツ

日本テレビ系「24時間テレビ43」でふるさとの祭りを盛り上げる企画に出演する女優広末涼子

  • 日本テレビ系「24時間テレビ43」で地元の花火大会を盛り上げる企画に出演する俳優柳葉敏郎

  • 舞日本テレビ系「24時間テレビ43」でスペシャル歌舞伎に挑戦する市川海老蔵

女優広末涼子(40)、俳優柳葉敏郎(59)、歌舞伎俳優市川海老蔵(42)が22日、日本テレビ系「24時間テレビ43」で日本の夏や、ふるさとの祭りを盛り上げる企画に挑戦する。

今年の番組テーマは「動く」。新型コロナウイルスの影響でお祭りや花火大会、帰省など、さまざまな日本の夏の風物詩が失われた。そんな日本の夏、ふるさとの祭りを想い、海老蔵、広末、柳葉敏郎の3人が動く。

高知・よさこい祭りが67年の歴史で今年初めて中止となった。高知県出身の広末は、地元の祭りへの熱い想いを胸に、「新しい形でのよさこい祭り」に挑戦する人々の姿をリポートする。

柳葉は、地元・秋田の花火師・斉藤健太郎さんを訪問する。全国花火競技大会、「大曲の花火」が2021年に延期となったが、全国の花火師が集う“エールプロジェクト”とのコラボレーションにより、疫病退散を祈って全国66カ所で一斉に花火を打ち上げる。乃木坂46の歌とパフォーマンスと共に日本中に希望の光を届ける。

海老蔵は、視聴者に熱いエールと感動を届けるべく、メインパーソナリティーの岸優太(24)とともに歌舞伎十八番の内「景清」を基にした一夜限りのスペシャル歌舞伎を両国・国技館で生披露する。

もっと見せる

関連記事

Close
Close