俳優

はじめしゃちょー「YouTuber日本一陥落」大騒動!誹謗中傷に法的手段? | 日刊大衆

※画像ははじめしゃちょーのYouTube動画「ぼくはもう日本1のYouTuberじゃないです。」より

 親子向けYouTubeチャンネル「キッズライン Kids Line」が、日本国内のクリエイターとして初となるチャンネル登録者1000万人超えを達成。8月8日にツイッターでYouTubeから贈られる“ダイヤモンド・クリエイター・アワード”の表彰盾を受け取ったと報告した。

「キッズライン」は2011年11月にチャンネルを開設。こうくん、ねみちゃんという子どもが出演し、お菓子やおもちゃのレビュー動画、子どもの寸劇などを投稿。2016年6月にチャンネル登録者が100万人を突破し、2017年12月には200万人を超えた。

「その後も順調に成長し、ついに1000万人超え。現在はさらに伸ばして1200万人直前です(8月18日現在、以下同)。国内クリエイターとして初の快挙を達成したキッズラインですが、ネット上では“キッズラインって何?”という声も見られたんです。

 親子向けコンテンツとあって、子どものいない大人や10代の若者に馴染みがなかったことも考えられますが、8月8日にチャンネルを管理するSCデジタルメディアが1000万人超えを発表するまで、チャンネル登録者が非公開だったんです。そのため、チャンネル登録者889万人で日本一だった、はじめしゃちょー(27)を突如抜いた形になったため、驚く人も少なくなかったんです」(WEB編集者)

もっと見せる

関連記事

Close
Close