俳優

三浦春馬さん 〝遺作ドラマ〟にショッキング映像「あまりにシンクロして…」 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

亡くなった三浦春馬さん

 先月18日に急死した俳優・三浦春馬さん(享年30)の〝遺作〟をめぐり、NHKが頭を悩ませているという。

 終戦記念日の8月15日に放送されるドラマ「太陽の子」。第2次世界大戦下の日本の科学者の物語で、研究に没頭する主人公の学生・石村修役を柳楽優弥(30)が、弟の裕之を三浦さんが演じた。

 裕之は陸軍の下士官として戦地にいたが、病気療養のため一時帰国を余儀なくされた。戦況悪化の報を日本で聞き、戦地で散った仲間に思いをめぐらす。「自分だけがどうしてここに…」。周囲には努めて明るく振る舞いながら、自問自答する日々が続く。

 そしてある日の夜、裕之は何かに導かれるように海に向かって歩き出し、そのまま入水自殺を試みた。結局、それは未遂に終わるが、裕之は「おれだけ死なんわけにはいかん…」と繰り返し、その場に崩れ落ちた。

 同ドラマの試写は今月上旬にひっそりと開かれた。「鬼気迫る演技。特に目の芝居がすさまじい」とは関係者。

 ただし、それには刺激も伴う。亡くなった三浦さんが遺した日記帳には、石村裕之の生涯と自身を重ね「散ることを見据えて残された日々をどう過ごすべきか」などと書かれていたという。週刊誌では、家族との金銭トラブルなど極めてデリケートな部分も報じられ、三浦さんの笑顔の裏に隠された苦悩がイメージしやすい状況にある。

「そうしたなか、未遂とはいえ入水自殺のシーンですからね。三浦さんの自死とシンクロしてしまう部分もあり、ショッキングに映る人もいると思う」(テレビ関係者)

 発売中の「女性セブン」によれば、試写会場では三浦さんの迫真の演技に胸打たれた人のすすり泣く声がこだましたという。

「試写のままでいくか、それとも編集するのか。この手の内容は社会的影響も考慮しなければならない」(同)

 どちらにせよ「俳優・三浦春馬」のすべてが詰まったドラマであることは間違いない。

もっと見せる

関連記事

Close
Close