俳優

日本で累計341万部を記録した大ベストセラーって? 「100分de名著」でのんが朗読 『NHKテキスト100分de名著 ミヒャエル・エンデ『モモ』』 | J-CAST BOOKウォッチ

 世界の優れた文学作品を取り上げて、専門家がわかりやすく解説するNHK Eテレの番組「100分de名著」に、俳優ののんさんが朗読役として登場する。作品は、ミヒャエル・エンデの児童文学作品『モモ』。

写真は、俳優ののんさん。番組で朗読を担当する

 番組の放送は8月3日(月)、10日(月)、17日(月)、24日(月)の全4回。時間はいずれも22時25分から22時50分まで。

 『モモ』は言わずと知れた世界的なベストセラー作品。日本でも累計341万部を記録した。今回は、臨床心理学の専門家で京都大学教授の河合俊雄さんが解説する。河合さんは、私たちが意識することのない心の深層に迫るためには、『モモ』のようなフィクションを読むことが大事だと語る。何度も読んだという人にも、驚きの読解を披露する予定だ。
画像は、NHKテキスト「100分de名著 ミヒャエル・エンデ『モモ』」(NHK出版)

画像は、NHKテキスト「100分de名著 ミヒャエル・エンデ『モモ』」(NHK出版)

 『モモ』には現代社会への批判も含まれており、単なる児童文学の枠に収まらない作品として知られている。本当の豊かさとは何かを問う物語を、いま改めて読む意味は大きい。

 この夏は、涼しい部屋でゆっくりと名作の世界に浸ってみては。番組のテキストと併せて読めば、新しい発見があるだろう。

もっと見せる

関連記事

Close
Close