俳優

大泉洋「日本がまたピンチになった時は面白い寝癖を作って人々を元気に」星野源とのコラボ経て― スポニチ Sponichi Annex 芸能



大泉洋
Photo By スポニチ

 俳優の大泉洋(47)が25日の日本テレビ「news zero」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)にVTR出演。有働由美子キャスター(51)と対談し、「withコロナ」時代の俳優業について語った。

 有働キャスターの第一声は「髪型がちゃとしていらっしゃる!」。直近で見たのは、星野源(39)の動画「うちで踊ろう」ですごい寝癖のままコラボした映像だったため、整髪時とのギャップに驚きの声を上げた。

 このあいさつには大泉も苦笑い。「うちで踊ろう」時について「家で朝起きたら、ああですけど。もっと言うと、あれもあの日にしかできなかった驚きの髪型でしたけど」とドヤ顔で説明した。

 13年ぶりに復活した同局ドラマ「ハケンの品格」(水曜後10・00)は、中止していた撮影が今月再開され、放送も開始。演技の際は「マスクをしてフェースシールドをして。本番しか外せないんですね。もちろんやりづらさもあります」と本音を明かした。

 「本番まで相手がどんな顔しているか分からない」ためNGを出してしまったという。「私は自分で(リハーサル時からそれなりの)芝居をしていたわけですけど。監督は(マスク着用時の)僕の顔見ていないので」と当時の状況を説明。

 本番で初めてマスクを脱いだ大泉を見た監督が、「よーいスタート」と言ったとたん「そんな顔してました?」「さすがにその顔ないな」とダメ出し。演じ手としても「NG出せないって思いがありますね。なるべく(演じる)回数を少なくしたいから。そういう緊張感も役者にはあるんじゃないかな」とコロナ以前とは違う緊張感が現場にはあるようだ。

 大泉は「日本がまたピンチになった時は面白い寝癖を作って人々を元気にできればと思いますけど」と話して笑いを誘った。

続きを表示

もっと見せる

関連記事

Close
Close