俳優

日本人参加者も!新たなオーディション番組「I-LAND」の見どころは? | .

「TWICE」を輩出した「SIXTEEN」、「JO1」「IZ*ONE」を輩出した「PRODUCE」シリーズ、いま話題沸騰中の「Nizi Project」に続く、新たなサバイバルオーディション番組「I-LAND」が6月26日(金)23時より「ABEMA」で放送開始。

世界的人気アーティストとなった「BTS」が所属するBig Hit Entertainmentと「PRODUCE」シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組み、次なるK-POPアーティストを選出する!

いま断然熱い!韓国発サバイバルオーディション番組

「愛の不時着」や「梨泰院クラス」などで韓国ドラマにハマった新しい世代を中心に、いま熱い注目を集めているサバイバルオーディション番組。例えば、まもなくデビューメンバーが決定する「Nizi Project」は第一線で活躍中の「TWICE」や「2PM」「Stray Kids」などが所属する韓国プロダクション「JYP」と日本のソニーミュージックが組んだ企画として知られる。

参加者集合写真
今回新たにスタートする「I-LAND」は、世界中にファンがいる「BTS」や2019年にデビューし人気急上昇中の「TOMORROW X TOGETHER」が所属するBig Hit Entertainmentと、グローバルボーイズグループ「JO1」、グローバルガールズグループ「IZ*ONE」といった日本でも高い人気を誇る2組などを生み出した「PRODUCE」シリーズのCJ ENMが強力タッグ。

Big Hit Entertainmentといえば、2020年5月には「SEVENTEEN」や「NU’EST」が所属するPLEDISの筆頭株主になるなど、いま韓国で最も勢いのある事務所のひとつ。その代表で「BTS」の生みの親、本番組でプロデューサーを務めるパン・シヒョクは「Nizi Project」のJ.Y. Park(パク・ジニョン)とも旧知の仲だ。

そんな2社が組んだ「I-LAND」では、世界中から集まった「志願者」23人がデビューをかけた熾烈なバトルを繰り広げていく。

日本から3名が参加!“韓国の羽生結弦”も

「I-LAND」公式SNSでは、6月1日より「志願者」23人のプロフィールを順次公開中。14歳から22歳まで、そのメンバーの中には練習生期間2年8か月のK(22)、10か月のTA-KI(15)、さらにキッズダンサーとしての経験があるNI-KI(14)という日本人3人の勇姿が。デビューを目指す3人がこれからどのような活躍を見せるのか、期待が高まる。

K(ケイ) (C)CJ ENM Corporation, all rights reserved.K(ケイ)
TA-KI(タキ) (C)CJ ENM Corporation, all rights reserved.TA-KI(タキ)
NI-KI(ニキ) (C)CJ ENM Corporation, all rights reserved.NI-KI(ニキ)
さらに志願者の中には、「プロデュース101 シーズン2/PRODUCE101 SEASON2」の元練習生SEONや、“韓国の羽生結弦”と呼ばれる元ジュニアのフィギュアスケーター、SUNGHOONらも含まれている。

SUNGHOON(パク・ソンフン)(C)CJ ENM Corporation, all rights reserved.SUNGHOON(パク・ソンフン)
俳優ナムグン・ミンをストーリーテラーに迎えた「I-LAND」では、彼らがどのようなサバイバルを繰り広げ、次世代を担うK-POPアーティストとして成長していくのか。「ABEMA」では日韓同時の無料放送で、どこよりも早く日本語字幕付きでその模様を堪能できる。

「I-LAND」は6月26日(金)23時~ABEMA SPECIALチャンネルにて独占無料配信。

もっと見せる

関連記事

Close
Close