俳優

二宮和也 嵐の活動に加えて、自然ながら役柄の印象をはっきりと残す演技で役者としても存在感示す – エキサイトニュース

←【レビュー】大野智 『鍵のかかった部屋』での好演などで見せる、誰にも代わることができない大野ワールド

「悪い奴なんだと思います」 日曜劇場「ブラックペアン」舞台挨拶で飛び出した自虐的なコメント

6月17日に37歳の誕生日を迎えた嵐の二宮和也。誰もが知るアイドルグループのメンバーの活動に加えて、俳優にバラエティ番組と幅広く活躍中だ。

2001年放送のドラマ「ハンドク」(TBS系)で、二宮は、主演の長瀬智也演じる狭間一番の、チーマー時代の舎弟・ノブを演じた。「4号線鬼殺しのノブ」の異名をとる一目置かれた存在だ。長瀬と並ぶことでより華奢にみえたこと、黒髪と金髪の混ざり具合、猫背気味で歩く後ろ姿に、いかにもなチーマー・舎弟感。おちゃらけた顔、悪そうな顔と、コロコロと変わる表情にノブの危うさが出ていた。

この2年後、2003年にはドラマ「Stand Up!!」(TBS系)に出演。今度はオーソドックスな学生服姿の高校生役。童貞を卒業しようと躍起になる男子高校生たちの青春ストーリーだ。

テレビドラマ出演が多いイメージだが、近年は映画出演も増えた。2006年には映画「硫黄島からの手紙」でハリウッド作品デビュー。2016年には映画「母と暮らせば」で、第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、第89回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞を受賞した。授賞式では、セリフは録音を聞きながら覚えていたと二宮。「映画には数えるほどしか出演したことがなくて、たぶん観る時間のほうが長い」と語り、俳優として映画にカムバックしたいと宣言した。

二宮和也 嵐の活動に加えて、自然ながら役柄の印象をはっきりと残す演技で役者としても存在感示す
硫黄島からの手紙/ワーナー・ホーム・ビデオ

→Amazonでチェックする

2019年は、木村拓哉との意外な(?)共演で注目された、映画「検察側の罪人」。ここでも第43回報知映画賞助演男優賞を受賞と、出演に加えて受賞歴も増えている。

年齢、役柄、時代、ファンタジーと設定を踏まえて、物語に溶け込むように演技をする二宮。存在感は確かにあるのに、不思議と役柄の印象がはっきりと残る。

2018年放送の日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系列)のプレミアム試写会&舞台挨拶でのこと。主演の二宮をはじめ、竹内涼真、葵わかな、内野聖陽ら共演者が登壇し、撮影の裏話などを明かした。二宮演じる渡海と対立する医師・高階を演じた小泉孝太郎が「台本に書いていない一言をグサッと刺してくるんですが、そのセンスが素晴らしい」と褒めたところ、「だから、悪い奴なんだと思います。そういうのがぽんぽん思い浮かぶから悪い奴なんだと思います」。自虐的にコメントしていた。

もっと見せる

関連記事

Close
Close