俳優

石田ゆり子、30回目の開催「フランス映画祭2022 横浜」フェスティバル・ミューズに決定|愛媛新聞ONLINE

石田ゆり子、30回目の開催「フランス映画祭2022 横浜」フェスティバル・ミューズに決定

2022年10月5日(水)(オリコン)

記事を保存するにはアクリートくらぶ会員でのログインが必要です。

ログインしますか?。

記事を共有するにはアクリートくらぶ会員でのログインが必要です。

ログインしますか?。

30回目の節目を迎える「フランス映画祭2022 横浜」フェスティバル・ミューズに決定した石田ゆり子

30回目の節目を迎える「フランス映画祭2022 横浜」フェスティバル・ミューズに決定した石田ゆり子

 俳優の石田ゆり子が、今年で記念すべき30回目を迎える日本最大規模のフランス映画の祭典「フランス映画祭2022 横浜」フェスティバル・ミューズに決定した。今年は12月1日(木)から4日(日)までの4日間、横浜・みなとみらい21地区を中心に開催される。記者会見やオープニング・セレモニーに出席し、映画祭を盛り上げ役を担う石田は、「映画は、人と人をつなぐ幸せな芸術です。その架け橋のひとかけらになるべく私も日々精進したいと思います。12月を楽しみにしております」とコメントを寄せている。

【画像】「フランス映画祭2022 横浜」キービジュアル

 一昨年、昨年と新型コロナウイルス感染拡大の影響でフランス人俳優・監督らの来日はかなわなかったが、今年は実現するべく目下調整中。30回目の記念回でもあり、今まで以上に華やかに存在感を出していく方針だ。電気自動車(EV)だけを集めたドライブインシアターの実施も予定されている(今年で3回目)。映画祭のシンボルであるレッドカーペットや月桂樹をあしらったキービジュアルも公開された。

 昨年は、オープニング作品としてパシフィコ横浜にて、世界の歌姫セリーヌ・ディオンの伝記的映画『ヴォイス・オブ・ラブ』を上映したのを皮切りに、フランス映画祭でしか見られない日本未公開作品を含めた最新フランス映画11作品を上映。4日間で2010人が来場した(2020年との比較で約37%増)。

■石田ゆり子のコメント(全文)
 フランス映画祭は、今回で30周年になると伺っています。そんな節目の年に呼んでいただき、たいへん光栄であると共に、深い幸せを感じております。

 フランスは私にとって心から憧れ、敬愛する国です。芸術、文化、暮らし、全てにおいて、私をひきつけてやまない国です。そしてフランスの皆様も、日本の文化をとても愛して下さっていることをフランスを訪れるたびに感じています。

 映画は、人と人をつなぐ幸せな芸術です。その架け橋のひとかけらになるべく私も日々精進したいと思います。12月を楽しみにしております。

■公式サイト
https://www.unifrance.jp/festival/2022/

もっと見せる

関連記事

Close
Close