俳優

『HEART SIGNAL JAPAN』第7話 “高身長イケメン俳優”ヒョンゴンがロマンチックな言葉で口説き落とす【ネタバレあり】|秋田魁新報電子版

※写真クリックで拡大表示します

『HEART SIGNAL JAPAN』第7話より(C)AbemaTV, Inc.

『HEART SIGNAL JAPAN』第7話より(C)AbemaTV, Inc.

 ABEMAのオリジナル恋愛番組『HEART SIGNAL JAPAN』(毎週水曜 後10:00)第7話が、21日に放送された。

【写真】超接近!本田響矢の唇に手をあてる鈴木愛理

 同番組は、韓国の恋愛番組『HEART SIGNAL』を日本で初リメイクし、日韓共同制作のABEMAオリジナル恋愛番組。韓国を舞台に9人の韓国人男性と日本人女性が“シグナルハウス”と呼ばれる家で9日間のシェアハウスを行う。

 限られた期間の中で思いを届けることができるのは、意中の相手だけに送ることができる“ラブライン”と呼ばれる匿名のメッセージのみ。好きな人からのシグナルに気づいて、恋をつかみとるメンバーはいったい誰なのか。誰が誰に好意を寄せているのかを番組を見ながら推理しつつ、まるで韓国ドラマを見ているかのような、ロマンチックな恋の展開や男女の駆け引きを垣間見ることができるほか、リアルな韓国文化も楽しめる。

 スタジオMCには、お笑いコンビEXITのりんたろー。、俳優の葵わかな、ものまねタレントの丸山礼の3人が務める。同話では、俳優の鈴木愛理とHKT48の矢吹奈子がゲストで出演し、番組を盛り上げた。

 同話では、前日に、男性メンバーが今一番気になる女性メンバーのもとへ行き、1泊2日のデートをする「1泊2日デート」が行われたものの、意中の男性メンバーが現れず泣く泣くシグナルハウスに帰宅したミサトのもとに、ドウンが訪れるというサプライズがあった。ミサトは傷ついた心をドウンで癒し、2人だけの朝を満喫していると、「1泊2日デート」を終えたメンバーが続々とシグナルハウスへ戻ってきた。

 韓国語を勉強中のミサトは、まだ韓国語がおぼつかず日本語が話せるドウンに心を開き、思い切って「これからデートにいかない?」と声をかける。しかし、ドウンは「ごめん、先約があって」と回答。実は、ドウンは「1泊2日デート」から帰宅直後のナナセを誘い、ランチデートの約束をしていた。ランチデートでは、ドウンは「ナナセのこと気になるからね」や「僕の誘いを断ることもできたよね?」と積極的な一面を見せていたが、ナナセは「断ることは考えてなかったです」「まだ2人で話したことなかったから何回か話してみないと」と、慎重な性格をのぞかせた。「僕は第一印象がすごく大事なんだと思う」「いっぱい話してみないとわからないので結構長くかかります」と、お互いの恋愛観が異なるように見える2人だが、残り少ない期間で関係に変化が訪れるのか。

一方、「1泊2日デート」ではマオのもとにヒョンゴンとミンソプが訪れたため、気まずい空気が流れたことを受け、ヒョンゴンはマオへ「仕事に出かけるんだけど、早く帰ってくるから何もしないで待ってて」とデートの提案を持ちかける。先日の「1泊2日デート」について、ヒョンゴンは「きょうずっと申し訳ない気持ちがあって」とマオにすなおな気持ちを伝え、「ほかの人の話はしないで気楽に休む感じで」とデートの趣旨を伝えた。目的地に到着した2人は、ほおをくっつけ合ってプリクラをとったり、既にカップルかのようにデートを楽しむと、ヒョンゴンは「きょうはマオが笑うようにってずっと念じてたんだよ」と昨日のことを気づかいつつ、「でも俺らよく笑ってるよね」と2人の関係性を再確認するかのようにトークを展開。

最後に、ヒョンゴンがなんでも器用にこなすことから、マオが「ところで、できないことってある?」と聞くと、「もっと会って、ずっと俺を見て(できないことを)探してみて」「見つかるまで、ずっと会うから」と、まるで映画のようなロマンチックな言葉で思いを伝えた。このデートを経て、2人の関係に変化は訪れるのか。また、翌日にマオとデートの約束をとりつけたミンソプでしたが、そこでどんな思いを伝えるのか。マオを巡る三角関係の行方に注目が集まる。

 28日放送の第8話では、告白前日となり、9人の恋は佳境に。仕事中のジヌのもとに現れたナナセが「ジヌに好感があるんだけど」と思いを伝え、それを聞いたジヌはどんな答えを返すのか。告白前、最後のラブラインに波乱が訪れる。

もっと見せる

関連記事

Close
Close