俳優

「キム・ウビンのおかげ」韓国俳優 アン・ボヒョンが語るモデル時代の友情 – DANMEE ダンミ

また、JTBC(Netflix)『梨泰院クラス(2020)』の日本リメイク版が、テレビ朝日で放送中の『六本木クラス』をきっかけに、再び話題を集めたのだ。

アン・ボヒョンが出演中のTVINGオリジナルのバラエティー番組『青春MT~Re:メンバーアゲイン~』。(画像出典:TVING 公式Facebook)

こうして今、韓国ドラマ界でスター俳優の階段を上っているアン・ボヒョンは、2016年に映画『ヒヤ』でスクリーンデビュー。以降、ドラマ『マイシークレットホテル(tvN/2014)』『太陽の末裔 Love Under The Sun(KBS2/2016)』『彼女の私生活(tvN/2019)』『ユミの細胞たち(TVING/tvN/2021、2022)』『マイネーム:偽りと復讐(Netflix/2021)』など、ドラマをメインに活躍、現在の地位を確立した。

元々彼は、モデル出身であることをご存じだろうか。

学生時代はボクシング部に所属していたが、プロになる自信はなく将来について悩んでいたところ、進路先に大学のモデル学科を勧められ入学。

当時はカン・ドンウォンやチョ・インソンなど、モデルから俳優に転身する先輩芸能人が非常に多く、アン・ボヒョンは自分も後に続きたいと思っていたそうだ。

そしてその過程には、ある人気俳優の存在が大きかったという。数々の作品で、好演を披露してきたキム・ウビンだ。

1歳年下のキム・ウビンが、自分よりも先に演技の道に進んだことで触発され、若干出遅れながらも後を追ったのだとか。

俳優のキム・ウビンは、アン・ボヒョンが役者の道に進む過程で、大きな役割を果たした。

アン・ボヒョンが役者の道に進む過程で、大きな役割を果たした俳優のキム・ウビン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

そんな2人の出会いは、大学入学前に開催されたモデル学科の体験プログラムだった。

アン・ボヒョンは当時、ジャージしか持っていなかったそうなのだが、キム・ウビンが服を貸してくれたおかげで助かったという。

そして年上のアン・ボヒョンが先に入学し、その後キム・ウビンが後輩となったことで友情を築き、現在まで仲の良い関係が続いている。

彼はあるインタビューで、「キム・ウビンが演技の先輩だから、すごく助けてもらっている。助言もたくさんしてくれるし、僕の味方になって応援もしてくれている」「年下だがとても良い刺激をくれて、僕にとっては頼もしいトップスターの友達。僕が入隊する時、唯一見送りに来てくれた。そしていつも、元気をたくさんもらっている」と、語った。

アン・ボヒョンのキム・ウビンに対する思いからも、その絆の強さが伝わってくる。

人との縁で人生が大きく変わることがあるが、まさにアン・ボヒョンがその好例であり、キム・ウビンとの出会いが彼の人生を大きく変えたようだ。

(構成:西谷瀬里)

もっと見せる

関連記事

Close
Close