俳優

道枝駿佑、映画『セカコイ』ヒットで注目 俳優業を支える「異色の経歴」 – Sirabee

映画『セカコイ』をはじめ俳優業が好調な道枝駿佑。そんな彼の現場での評判は…。

7月29日から公開されている映画『今夜、世界からこの恋が消えても』(通称『セカコイ』)が興行収入13億円を突破し、今年のヒット作の1つとなった。同作で主演を務めるのは、なにわ男子・道枝駿佑。

道枝はここ数年俳優として高く評価されているが、それは彼の「異色の経歴」が大きいようで…。

【写真】『セカコイ』ヒットに笑顔を見せる道枝

 

■『母になる』で注目

道枝は2014年、12歳でジャニーズ事務所に入所。入所してわずか3年後、17年のドラマ『母になる』(日本テレビ系)に主演の沢尻エリカの息子役で出演して注目される。

その後、19年の『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)や20年の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)、今年4月クールの『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)など、話題のドラマに多数出演している。あるテレビ局関係者は、道枝には人を惹き付ける力があると話す。

「179センチの長身でスタイルが良く、顔のパーツがはっきりしているのでカメラ映えします。怒ったり、悲しんだりといったちょっとした感情の変化を表情で出すのが上手く、俳優として必要なものを兼ね備えていると思います」(テレビ局関係者)。

関連記事:山田涼介、かわいがっている唯一の後輩明かす ジャニーズ目指すきっかけに…

 

■「異色の経歴」を持つ

前出のテレビ局関係者は、道枝はジャニーズの中でも「異色の経歴」を持っていると語る。

「演技力の高いジャニーズの先輩との共演が多いんです。「『母になる』でHey! Say! JUMPの中島裕翔さん、『BG』では木村拓哉さん、21年の『俺の家の話』では元TOKIOの長瀬智也さんとジャニーズでも演技力の高い先輩と共演しています。道枝さんは非常に勉強熱心で、自分の番でない時も先輩達の芝居をしっかり見て研究していたといいます。彼はまだ20歳ですが、その年齢でたくさんの先輩の演技を間近で見られたのは大きいと思いますよ」(前出・テレビ局関係者)。

もっと見せる

関連記事

Close
Close