俳優

ヒップホップとスケートボード…巨大カルチャーはNYで生まれた『All the Streets Are Silent』日本版予告

90年代ニューヨーク、ストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』より日本版予告編が完成した。

>>『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』あらすじ&キャストはこちら

90年代ニューヨークで生まれた、ヒップホップ、スケートボード、ストリートファッションといった、ストリートカルチャー。本作は、その誕生に迫るドキュメンタリー。

この度解禁された予告編では、ニューヨークで生まれたヒップホップとスケートボードカルチャーが、互いに抑圧されながらも垣根を取り払い、力を合わせてゼロから巨大カルチャーを作り上げた様子を、ラージ・プロフェッサーのオリジナル楽曲とともに描いている。

エイサップ・ファーグ(ラッパー)やボビート・ガルシア(ラジオ番組“ストレッチ・アームストロング&ボビートショー”のMC)のインタビュー映像、さらに、ハロルド・ハンター、ハーモニー・コリン、ジェイ・Z、メソッド・マン、ナズとノトーリアスB.I.G.などの当時の映像、シュプリーム1号店の前でたむろするスケーターたちなど、90年代のニューヨークのストリートを感じられる貴重な映像が満載だ。

ロザリオ・ドーソン(映画『KIDS/キッズ』出演俳優)が「あの頃のNYが記録されててよかった、もう戻ってこないから」とふり返りながら語っているように、当時、新たなカルチャーが生まれる瞬間を焼き付けた本作の熱と雰囲気を感じ取ることができる映像となっている。

『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』は10月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

もっと見せる

関連記事

Close
Close