俳優

香港カフェ/「JOY LUCK TEA HOUSE」日本1号店を原宿にオープン | 流通ニュース

2022年08月18日 12:50 / 店舗

東南アジア各国・日本でPR・ブランディングおよび事業展開支援をするFor Bridgesは9月5日、クラシック香港をテーマに、香港の代表的なカフェメニューである「エッグタルト」、「パイナップルパン」、「香港ミルクティ」などの人気メニューをグローバルに展開する「JOY LUCK TEA HOUSE」の日本1号店を原宿・表参道エリアにグランドオープンする。

<外観・内観イメージ>

「JOY LUCK TEA HOUSE」は、香港スイーツを通じてJOY=喜び、LUCK=幸運を顧客に提供したいという思いを抱いて、ブルース・リーなどの多くの香港スターのプロデュースしたロバート・チュア氏がオープンさせたグローバル香港カフェ。テークアウト中心で販売しており、行列が絶えない店舗として展開中の人気店だ。若者文化の中心地、原宿・表参道エリアにて、日本での香港フードカルチャー発信を行う拠点としてオープンする。既存の人気メニューをはじめ、日本オリジナルメニューや季節限定メニューも展開予定となる。

店舗はクラシック香港をテーマにアンティーク調の外観で、店内には「JOY LUCK TEAHOUSE」のブランドオーナーであるロバート・チュア氏と親交が深かった香港の映画俳優ブルース・リーが出演した作品のポスターや写真を展示。香港感を演出する店内壁画で来店者を迎える。

<人気商品のエッグタルト、パイナップルパン、香港ミルクティ>

同社によると、サクサクとしたクッキー生地の食感にふんわりとした甘さの香港エッグタルトの代表店・豪華餅店の「香港エッグタルト」、1967年創業の金記冰室の「パイナップルパン」などを提供すると共に、香港では定番メニューとなっているパイナップルパンにバターやスパムハムを挟んで食べる商品も提供する。そしてJOY LUCK TEAHOUSEオリジナルの甘さ控えめ「香港ミルクティ」など、計フード5種類ドリンク13種類のメニューを販売する。今回のオープンに合わせて日本店舗限定の抹茶のエッグタルトも用意。一つ一つを丁寧に店舗で焼き上げる「エッグタルト」は、温かいうちに食べるのがおすすめだという。

■JOY LUCK TEA HOUSE(ジョイラックティーハウス)
所在地:東京都渋谷区神宮前6-6-6
アクセス:東京メトロ 明治神宮前駅 徒歩2分、JR原宿駅 6分、表参道駅 徒歩7分
営業時間:11時~20時
店舗面積:42.5m2

もっと見せる

関連記事

Close
Close