俳優

イケメン俳優が大ピンチ!『ユニコーンに乗って』で評判ガタ落ち「やる気ないな」 – まいじつ

杉野遥亮 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

8月2日、永野芽郁の主演ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)の第5話が放送された。この作品によって、若手イケメン俳優のキャリアが大ピンチを迎えている。

永野が演じる主人公・成川佐奈は5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに、須崎功(杉野遥亮)ら仲間と共に3年前に起業し、会社を設立。教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」のCEOとして活躍している。

彼女たちは、10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるビジネスにすることを目標に日々奮闘中。そしてひょんなことから、元銀行員の中年男性・小鳥智志(西島秀俊)を雇うことになるのだった。

「視聴者からの評判が悪い同作ですが、中でも批判を受けているのが杉野が演じている須崎。佐奈に片想いしている上、小鳥にはいつも嫉妬剥き出しでガン睨み。イケメンじゃなかったら完全にキモストーカーです。そのような演出があるのかどうなのか分かりませんが、杉野の演じ方が、須崎の気持ち悪さに拍車を掛けていると話題になっていますね」(芸能記者)

「他のドラマキラキラしてたのになあ」

本来ならば、胸キュンイケメンキャラである予定だったはずの須崎が、キモキャラに成り下がっていることにネット上では

《杉野くん演技やる気ないな。他のドラマキラキラしてたのになあ》
《杉野は日に日に演技下手になってるような》
《杉野こんな下手で大河ドラマは大丈夫なの?》
《ゴメン杉野。全然キュンとしないんだけど》

といった落胆の声が上がっている。

「杉野は昨年、『恋です! ~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)でピュアヤンキーを演じて大ブレーク。その流れで今回、王道な恋愛ドラマのイケメン役に抜擢されたのでしょう。しかし、この役で人気が出る気配はなし。杉野の演技どうこうより、脚本に問題がある気もするため、不運としか言いようがありませんね」(同・記者)

しかしそもそも、『恋です』で良い役をもらったことはこの上ない幸運。これでプラスマイナスゼロ。あとは本人の実力次第だろう。

【あわせて読みたい】

もっと見せる

関連記事

Close
Close