俳優

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」が日本初放送!“ビジュアル神級イケメン”の主演俳優シュー・カイを紹介 – 映画ナタリー 特集・インタビュー

CS放送「女性チャンネル♪LaLa TV」では、「中国イケメン特集」と題した企画が放送中。チャン・ジャーハンとゴン・ジュン共演の「山河令」、シャオ・ジャンやワン・イーボーが出演した「陳情令」などがラインナップに並ぶ。

映画ナタリーでは、その中から主演作「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」が日本初放送を控えるシュー・カイの特集を展開。“ビジュアル神級イケメン”と称される彼のキャリアや、これまでの出演作で見せたさまざまな魅力を紹介していく。

文 / 青島昌子

シュー・カイとは?

2019年8月19日、中国・上海で行われたTiffany Co.のイベントに登壇した際のシュー・カイ。(写真提供:Imagine China / Newscom / ゼータ イメージ)

1995年3月5日生まれ、中国出身。2013年に広州国際モデルコンペティション全国大会にてグランプリを受賞。185cm超の長身を生かしてモデルとして活躍したあと、2016年に俳優としてのキャリアをスタートさせた。

2018年には、Googleでその年世界でもっとも検索されたテレビドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」で大ブレイク。その後も2019年の主演作「招揺(ショウヨウ)」をはじめとして話題作に次々と参加しており、中国ドラマは話数が多いにもかかわらず、デビューから約6年で出演作は20本近く(未放送含む)に及ぶ。

中国のみならず、海外にもファンが多いシュー・カイ。日本のファンはSNSでハッシュタグ「#許活」を付けて彼の活動を応援しており、新作が発表されるとまたたく間に話題となる。なお本人のWeibo公式アカウントのフォロワー数はもうすぐ2000万人に届く勢いで、Instagramフォロワー数は約113万人(2022年8月時点)。

LaLa TVで日本初放送!
「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」

辛亥革命後、混乱を極める社会情勢のもと、全国で軍事教育が強化されていた。謝襄(シエ・シアン)は、兄の謝良辰(シエ・リアンチェン)を名乗って烈火士官学校の入学審査を受け、合格する。しかし、その夜に訪れたキャバレーで高官の息子・顧燕幀(グー・イエンジェン)が起こしたトラブルに巻き込まれ、警察に捕まるはめに。幸いすぐに釈放されたが、烈火士官学校への入学を果たしたあと、宿舎でルームメイトとなったのはあの顧燕幀だった。

女性チャンネル♪LaLa TV
第1・2話先行放送 2022年8月7日(日)21:00~
本放送 2022年8月22日(月)スタート 毎週月曜~金曜 21:00~22:00
※全48話

スタッフ / キャスト
監督:フイ・カイドン(「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」)
出演:バイ・ルー、シュー・カイ、トビー・リー、ウー・ジアイー、ワン・イージョー、ガオ・ユーアルほか

© DONGYANGHUANYU FILM&CULTURE CO., LTD. All rights reserved. Distributed by iQIYI,INC.

やんちゃ、ツンデレ、オレ様男…
シュー・カイの多彩な魅力を紐解く

完璧なビジュアルでスターダムへと昇り詰める

澄み切った大きな瞳と185cmを超える長身を生かして、モデルとして活躍したあとに、俳優へと華麗なる転身を図ったシュー・カイ。2018年、「鳳囚凰 ~陰謀と裏切りの後宮~」で、初めて彼の演技を目の当たりにした視聴者たちは、若さあふれるみずみずしい演技と完璧なまでのビジュアルに、心臓を射抜かれてしまった。その後も共演することになるバイ・ルーやウー・ジンイエンなど、今後の活躍が期待される大型新人が総出演したこの作品で、ヒロインを守る誠実な将軍役に扮したシュー・カイは、新人とは思えない堂々とした表情演技を披露し、存在感を見せつけた。

そんな彼が、同年「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」でブレイクしたのは必然と言っても過言ではないはず。報われないと知りながら、ひたすらヒロインを見守る切なげな瞳に涙したファンは少なくない。翌年には主演作「招揺(ショウヨウ)」「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」が立て続けに中国で放送され、シュー・カイの人気は一気に不動のものとなった。

ではここからは、日本初放送となる「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」で、軍服に身を包んだシュー・カイの凛々し過ぎる魅力に迫ってみよう。

純情男子から遊び人のオレ様男へ!?新たな魅力全開でファンの心をわしづかみ

シュー・カイ演じる顧燕幀(グー・イエンジェン)は、政府の要職を務める名門一族の一人息子だが、酒や女遊びにうつつを抜かす放蕩息子として知られていた。父親が奉安省の督察官に任命されたことにより、順遠市へ転居してくるが、数日も経たぬうちにキャバレーで人気女性歌手を連れ去ろうとして警察に逮捕されてしまう。見かねた父親は彼を強制的に烈火士官学校送りに。こうして顧燕幀はいやいや同校の門をくぐった。

そんな顧燕幀と宿舎で相部屋となったのは、バイ・ルー演じる男装女子の謝襄(シエ・シアン)。死んだ兄の名、謝良辰(シエ・リアンチェン)を騙って烈火士官学校入学を果たした彼女は、兄に代わって立派な軍人になるという、悲壮な決意のもとでこの学校にやって来たのだった。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(左)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(右)。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(左)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(右)。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(前列右)。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(前列右)。

冒頭のこの部分でまずファンの度肝を抜くのは、シュー・カイ演じる顧燕幀のキャラクター。「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」「招揺(ショウヨウ)」でヒロインに一途な愛を捧げたはずのシュー・カイ様が放蕩息子!? しかも、相性抜群とファンも認めるバイ・ルーちゃんとの共演なのに!?

そんな悲痛な叫びをよそに、顧燕幀は初日から遅刻して罰を受けるわ、小柄な謝良辰こと謝襄をまるで使用人扱いして、あれこれ用事を言いつけるわと、やりたい放題だ。

謝襄のほうは、この厄介な男との同居で自分が女だとバレやしないかとヒヤヒヤしっぱなしだ。ところが、荷物検査で女性ものの下着を見つけられて万事休すと覚悟したとき、自分が恋人からもらったものだと申し出た顧燕幀の思わぬ助け舟に、大感激。もちろん喜びもつかの間、結局雑用を言いつけられる羽目になるのだが。とはいえ、なかなか男気のある顧燕幀を見直したのは間違いない。

一方、女性だということにいち早く気付いてしまった勘の鋭い顧燕幀は、バレそうになるたびに体を張って謝襄を助けるという、実は好感度抜群のいいヤツ。ところが、ひねくれた性格が邪魔して、謝襄の前ではついぶっきらぼうになってしまう。謝襄はというと、素直にお礼を言っているのに、憎まれ口を叩く顧燕幀に今度は大反発! 仲間としてきちんと彼女を守ってくれる、優等生の沈君山(シェン・ジュンシャン)に惹かれていく。台湾出身で「大唐女法医~Love&Truth~」で主演を果たしたトビー・リー演じる沈君山は“謝良辰”を女性とは気付いておらず、彼(彼女?)のことが気になる自分に戸惑いを隠せない。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(右)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(左)。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(右)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(左)。

舞台が士官学校とあって、イケメン&筋肉見放題という特典付き!の本作だが、シュー・カイ演じる悪ぶっていても実はいい人という王道ツンデレ主人公・顧燕幀には思わずクスリとさせられる見どころが満載だ。入院した沈君山にお粥を届けさせる謝襄を見て嫉妬の炎を燃やし、自分もお粥を食べさせてもらおうと、わざと風邪を引いてみたり、謝襄が沈君山のブーツを洗うのを見て、そのブーツをゴミ箱に捨てたりと、まるで幼稚園児のような嫌がらせを! 謝襄の女友達は、そんな顧燕幀に大爆笑! 好きだからいじめるんじゃない?という核心を突いたコメントに、謝襄はドギマギしてしまう。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(左)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(右)。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(左)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(右)。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(右)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(左)。

「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」より、シュー・カイ演じる顧燕幀(右)と、バイ・ルー演じる謝襄 / 謝良辰(左)。

過酷な訓練の中で何度もくじけそうになるものの、仲間たちに支えられてなんとか落第を免れる謝襄と、彼女を巡って火花を散らす沈君山と顧燕幀。だが世の中は3人の熱い思いをよそに、不穏な時代へと突入しつつあった……。

進化したオレ様?ロマンスの力で男をアゲる

シュー・カイのツンデレぶりにハマること請け合いの「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」に続いて、オレ様ぶりをさらに進化させた2作品で、彼の魅力を掘り下げてみよう。

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」より、シュー・カイ演じる李玄。©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」より、シュー・カイ演じる李玄。©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」より、シュー・カイ演じる李玄(右)、ウー・ジアイー演じる蘇猶憐(左)。©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」より、シュー・カイ演じる李玄(右)、ウー・ジアイー演じる蘇猶憐(左)。©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」は今大流行の学園ラブロマンス。「鳳囚凰 ~陰謀と裏切りの後宮~」「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」で共演したウー・ジアイーとは3度目の共演で、息の合った演技を見せている。

この作品のシュー・カイは一言で言うと、やんちゃ坊主! 「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」とは一味違うお茶目なオレ様ぶりが憎めない。ファンタジーだけあって、難しい歴史に振り回されることなく、胸キュン全開の初々しいロマンスを楽しめる。

本来は敵同士の2人。物語が進むにつれて、使命と思いのはざまで苦悩するヒロインと、彼女を守ろうとする主人公の熱い決意が涙を誘う。シュー・カイの演技にも緊迫感が漂い、若き2人の思いが成就しますようにと、祈らずにはいられなくなっていく。シュー・カイの俳優としての成長ぶりとともに、劇中で披露される女装シーンも必見!

「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」より、シュー・カイ演じる盛楚慕。© Huanyu Entertainment

「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」より、シュー・カイ演じる盛楚慕。© Huanyu Entertainment

「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」より、シュー・カイ演じる盛楚慕(右)。© Huanyu Entertainment

「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」より、シュー・カイ演じる盛楚慕(右)。© Huanyu Entertainment

さて、もう1作品「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」にもスポットを当ててみよう。こちらの作品もシュー・カイが演じるのは、長安広しといえど、知らない者はいない遊び人というキャラクター。しかも彼の影響で弟たちもみな放蕩息子という、親泣かせな兄弟たちなのだ。ところが、主人公がたまたま出会った商人の娘に一目惚れしてからは、怒涛の展開に。彼女の心を射止めたい一心で改心、文武両道のできる男へと大変身を遂げる。まさに愛の力は偉大なのだ。しかも弟たちを諫めるまでに!(笑)

だが簡単に結ばれないのがこのドラマ。彼が必死で奮闘している間に、ヒロインのほうはある陰謀に巻き込まれてしまう。思いを寄せ合いながら、すれ違っていく2人の愛の行方は!? 愛のためにがんばる健気なシュー・カイの演技と、主人公の成長が胸を熱くする。

一途な見守り愛でブレイクし、やんちゃ坊主やツンデレ、オレ様キャラでファンを魅了し続けるシュー・カイ。いまや中国に限らず韓国、日本でも作品放送のたびに一気にファンが急増中だ。そんな彼の魅力がてんこ盛りの「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」で、まずは“許活”を始めよう! 「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」も忘れずにチェックしてほしい。

LaLa TVではシュー・カイ出演作を放送

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」

敵対する種族同士の若者が惹かれ合う姿を描く学園ファンタジー。昆吾族(こんごぞく)の聖女、蘇猶憐(そゆうれん)は人族に襲われた昆吾族の王・龍皇(りゅうこう)を甦らせて、人族を滅ぼすという使命を帯び、摩雲書院に正体を隠して入学する。そこには人族を護る護国師の後継者、李玄(りげん)の姿もあった。龍皇を甦らせるために、蘇猶憐は李玄が持つ令牌を奪わなくてはならない。ところが同じ書院で学ぶうち、2人は次第に気持ちが通じ合うようになってしまい……。

「鳳囚凰 ~陰謀と裏切りの後宮~」「烈火士官学校 ~ステキ男子とイケメン女子」で共演したシュー・カイとウー・ジアイーが息の合った演技を披露する。やんちゃなナルシスト李玄と、使命を果たすために学園に潜入した蘇猶憐が、いがみ合いながら、やがて心を通わせていく過程はムズムズとドキドキの連続で、かわいらしさ満載! 中国のハリウッドとも呼ばれる世界最大級の映画スタジオ「横店影視城」で撮影が行われた圧巻の映像も話題を呼び、動画サイトiQIYI(愛奇芸)で、総再生回数9.7億回超えを記録した。

「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」

女性チャンネル♪LaLa TV
2022年9月18日(日)26:00~ 2話連続放送予定
2022年9月24日(土)25:00~ 毎週土曜・日曜 25:00~ 3話連続放送
※全28話

スタッフ / キャスト
監督:チャオ・ジンタオ
出演:シュー・カイ、ウー・ジアイー、ハーニーコーズーほか

©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」

「大唐流流~宮廷を支えた女官~」

7世紀の唐を舞台に、愛の力で成長していく若者の姿が描かれる本格時代劇。唐建国後の長安、時の大将軍・盛驍靖の長男、盛楚慕(せいそぼ)は母親から溺愛されて育ち、今や長安では知らない人はいない放蕩息子になった。ところが遠征先で偶然出会った商人の娘・傅柔(ふじゅう)に一目惚れし、彼女を振り向かせるために立派な男になろうと決意して、修行の道へ。一方、才色兼備でたぐいまれな刺繍の腕を持つ傅柔は後宮に仕えることになるが、さまざまな権力争いや陰謀に巻き込まれてしまう。

「海棠が色付く頃に」で清楚な魅力を振りまいたリー・イートンが凛とした美しさを持つ刺繍の名人・傅柔に扮し、シュー・カイ演じる盛楚慕との愛を成就させるために、さまざまな困難に立ち向かう姿が映し出される。丹念に再現された唐時代の街や刺繍、髪飾りなどの小道具が、主人公の2人を絵巻物のような世界へといざなう。惹かれ合っていながらすれちがい、なかなか結ばれない彼らの奮闘と成長にいつしか引き込まれていく。

「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」

女性チャンネル♪LaLa TV
11月放送予定
※全55話

スタッフ / キャスト
監督:ワン・シャオミン、バイ・ユンモー、シェン・チャオシン
出演:リー・イートン、シュー・カイ、ウー・ジアイー、タン・ジエンツー、ホン・ヤオほか

© Huanyu Entertainment

もっと見せる

関連記事

Close
Close