俳優

山田裕貴、念願の『ONE PIECE』出演で涙 俳優業の核に逃げないルフィ「生き方を学んだ」 | ORICON NEWS

 人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)のワールドプレミアが22日、東京・日本武道館で開催された。声優キャスト・監督計16人が集結し、ゲスト声優のクラゲ海賊団・エボシ役を務める山田裕貴は、念願の出演に涙を流した。

念願の『ONE PIECE』出演で涙を見せた山田裕貴 (C)ORICON NewS inc.

【集合ショット】『ONE PIECE』豪華キャスト陣が集結!

 ワンピースの大ファンと公言している山田は、この日、タイトルにちなみ“赤髪”で登場。今回の出演に「25年前にワンピースに出会い、生き方をワンピースから学んだ。ここまで俳優をやってこられたのも逃げないルフィだったり、支えてくれる仲間だったり、いつの間にか自分の中の支えになって…」としみじみ。

 「いつかワンピースの声優として出られる俳優になりたい。(それが実現できて)好きすぎて、感動しすぎて泣いちゃうのですが…」と声を震わせながら感動。流した涙をぬぐって喜びを伝えた。

 シリーズ15作目、原作者・尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる今回の劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。

 素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。監督はアニメ『コードギアス』シリーズで知られる谷口悟朗氏が23年ぶりに『ONE PIECE』作品を担当する。

 この日イベントに登場したのは山田のほか、田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、、矢尾一樹、チョー、宝亀克寿、名塚佳織、池田秀一、津田健次郎、山田裕貴、霜降り明星(粗品・せいや)、谷口悟朗監督。

ORICON NEWSは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

もっと見せる

関連記事

Close
Close