俳優

『ユニコーンに乗って』イケメン俳優の好感度ガタ落ち「ファンだけど無理」 – まいじつ

杉野遥亮 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

7月12日、永野芽郁の主演ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)の第2話が放送された。このドラマのせいで、俳優・杉野遥亮の好感度がガタ落ちしているようだ。

永野が演じる主人公・成川佐奈は5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに、須崎功(杉野)ら仲間と共に3年前に会社を起業。教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」のCEOとして活躍している。

彼女たちは、10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるビジネスにすることを目標に奮闘中。そしてひょんなことから、元銀行員の中年男性・小鳥智志(西島秀俊)を雇うことになるのだった。

「第1話の段階から、佐奈に片思いをしているという描写があった須崎。まあ、片思いをしているだけならありがちなので問題ないのですが、その描写がくどい。何度も何度も佐奈を思っては嫉妬する描写が挿入されるのです」(芸能記者)

「終始不機嫌な顔が続いた杉野遥亮」

特に酷かったのが第2話。小鳥と佐奈がたまたま通勤途中で出くわし、一緒に会社に入っただけでも須崎は小鳥をぎろりと睨む。その後も、事あるごとになぜか須崎は小鳥を睨む。小鳥と佐奈の仲が全く進展していない状況にもかかわらず、とにかくずっと小鳥を睨み続けるため、ぎょろぎょろと目を動かす須崎の顔が何度もアップになっていた。

嫉妬・ストーカーのような須崎に視聴者はドン引き。ネット上では、

《なんであんなあからさまに嫉妬を顔にあらわすんだろう。しかも毎回毎回…》
《なんか永野芽郁ちゃんと杉野君の良さ全消しのドラマだな。2人とも嫌な人役だし、表情も演技も魅力的じゃない。好感度ダダ下がりそう》
《終始不機嫌な顔が続いた杉野遥亮》
《杉野君、24時間嫉妬ばかりで見苦しいわ》
《杉野ファンだけどこのドラマ本当に無理すぎて。1時間辛い》
《杉野くんこの役は万人受けしないかな。嫉妬しかしてないし》
《誰がやっても須崎は好感度低い役でしょ。まあ台詞回しは今回なんかひどいなとは感じる》

といった声があがっている。

昨年放送のドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)では、おバカヤンキー役がハマって大ブレークした杉野。しかしこのドラマによって、一気にファンの熱が冷めてしまいそうだ。

【あわせて読みたい】

もっと見せる

関連記事

Close
Close