俳優

アン・ボヒョン初主演ドラマ「軍検事ドーベルマン」9月先行放送 | .

今年2月から4月にかけて韓国tvNで放送された、注目俳優アン・ボヒョン初主演のドラマ「軍検事ドーベルマン」が、CS放送局「衛星劇場」にて10月に日本初放送決定。9月11日(日)には第1・2話を先行放送する。

本作は、全く違う目的のために軍検事になった2人が、同じ標的を倒すために共助し、腐敗した軍隊を成敗し不正義を正そうとする韓国初の軍法廷・アクションドラマ。本国では回を重ねるごとに右肩上がりで自己最高視聴率を更新し、最終回では視聴率10%を突破した話題作。

主演は、「梨泰院クラス」でパク・ソジュン演じるパク・セロイを潰そうとする長家(チャンガ)の長男チャン・グンウォン役で、一躍人気俳優の仲間入りを果たしたアン・ボヒョン。その後も「マイネーム:偽りと復讐」や「ユミの細胞たち」などヒット作に立て続けて出演。悪役からロマンスまでをもこなすオールラウンダーが、ついに初主演に抜擢。

アン・ボヒョン演じるド・ベマンに意図的に近づき協力を仰ぐチャ・ウインには、「九尾狐<クミホ>伝~不滅の愛~」でイ・ドンウクとの共演が話題を集めたチョ・ボア。そのほかに、「朱蒙 -チュモン-」や「悪い男」のオ・ヨンス、「愛の不時着」『チャンシルさんには福が多いね』のキム・ヨンミン、「ボイス~112の奇跡~」のキム・ウソクなど個性と実力を兼ね備えた俳優が結集した。

あらすじ

ド・ベマン(アン・ボヒョン)は金に忠誠を誓う腐った軍検事。民間の法律事務所のパートナー弁護士としてスカウトされるために、5年間の軍生活を終える日を待ち望んでいる。そんな中、除隊を1か月前に控えたベマンの前に「法を勝る階級はない」と軍法を第一に考える新任・軍検事のチャ・ウイン(チョ・ボア)が現れる。上意下達の軍の世界で、階級関係なしに突き進むウインに対し、自分が除隊するまで事を起こすなとベマンは忠告する。

そんなとき、IMディフェンス会長ノ・テナム(キム・ウソク)とアイドル歌手アレンがハン・セナに性的暴行をし、セナはウインに助けを求める。赤髪姿で現れたウインは彼らを一掃、さらにはアレンを拉致する。一方、同じくテナムの事件を追っていたベマンは、登録されている情報とは全く違うウインの正体に疑問を抱くようになるが…。

「軍検事ドーベルマン」は9月11日(日)20時~衛星劇場にて第1・2話先行放送。※10月より本放送スタート

もっと見せる

関連記事

Close
Close