俳優

【REPORT】「ベイビー・ブローカー」俳優陣が緊急来日!撮影秘話から日本到着後のエピソードまで“一番幸せな撮影現場でした” – Kstyle

是枝監督の最新作にして初の韓国映画で、6月24日より全国ロードショーとなった「ベイビー・ブローカー」。日本公開を記念し、6月26日(日)に舞台挨拶が行われ、是枝裕和監督をはじめ、主演のソン・ガンホ、カン・ドンウォン、IU(イ・ジウン)、イ・ジュヨンが登壇した。

本作は、“赤ちゃんポスト”をきっかけに出会った赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮捕しようと追いかける刑事。彼らが絡み合いながら繰り広げる一風変わった旅路を描く、衝撃と感動のヒューマンドラマだ。

先日開催された第75回カンヌ国際映画祭にて最優秀男優賞を受賞したソン・ガンホをはじめ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨンら豪華キャストが集結した話題作。同映画祭では、キリスト教関連の団体から「人間の内面を豊かに描いた作品」に与えられる「エキュメニカル審査員賞」まで受賞し、合わせて2冠を達成する快挙を成し遂げた。

【PHOTO】ソン・ガンホ&カン・ドンウォン&IUら、日本ファンの前に登場!映画「ベイビー・ブローカー」舞台挨拶を開催

集まったファンも感激「本当に久々に、日本に来ました」

――まずはお一人ずつ、自己紹介をお願いいたします。

ソン・ガンホ:(日本語で)こんにちは、ソン・ガンホです。約2年ぶりにみなさんの前でご挨拶することができて光栄で、うれしく思います。普段から尊敬している是枝監督とともに、このように新しく温かい物語を、韓国に続き日本でもみなさんにご挨拶させていただくことになり、とてもうれしいです。この映画は日本と韓国に限った特別な話ではなく、私たちが生きている中で感じる様々なことを伝えている映画だと思います。この作品をみなさんにお届けできるようになって、本当に今日は意味のある1日になると思います。ありがとうございます。

カン・ドンウォン:(日本語で)こんにちは、お久しぶりです。カン・ドンウォンです。来ていただいてありがとうございます。本当に久々に、日本に来ました。お会いできてうれしいです。今からご覧になる映画、ぜひ楽しく観ていただけたらありがたいです。IU:(日本語で)こんにちは、IUです。私も本当に久しぶりに日本に来たんですが。空港にたくさんのみなさんが来てくださり歓迎してくださいました。また、多くの人が既にこの映画をご覧になっていて『よかったよ』という言葉をかけていただけて、初日からとても気分がよかったです。今、ファンの方が泣いていらっしゃるんですが、(日本に来るのが)久しぶりになってしまい申し訳ない気持ちです。そして、会いたかったです。私たちの映画にたくさん関心を寄せていただいてありがとうございます。イ・ジュヨン:(日本語で)こんにちは。私はイ・ジュヨンです。日本のみなさんにお会いすることができて本当に光栄で、嬉しいです。また、再びこんな機会が訪れるかなと思うくらいです。昨日は監督と俳優のみなさんと、おいしい日本料理も味わいました。日本で意味のある時間が過ごせたと思いますし、残りの日本でのスケジュールもしっかりこなしていきたいと思います。是枝監督:まだ日本では公開3日目なので、ゴールではなくスタート切ったばかりです。遡ると、15年ほど前に釜山の映画祭で「韓国人の俳優で映画を撮るなら誰を主演に撮りたいですか?」と聞かれて、ソン・ガンホさんの名前を出させていただいて。そのインタビューを終えて、帰ろうとエレベーターを待っていたら、扉が開いてソン・ガンホさんがいたんですね。その偶然を「何かの縁があるんだろう」と思っていたんですが、こういう形で作品に結実して、日本での公開をこうやってキャストと迎えられたことを本当に嬉しく思っています。集まっていただいた皆さん、ありがとうございます。

楽しそうに撮影する監督の姿「終わる頃はとても寂しかった」

――ソン・ガンホさん、改めて「カンヌ国際映画祭」で最優秀男優賞の受賞おめでとうございます。受賞の感想や、オファーを受けたときの心境をお聞かせください。

ソン・ガンホ:カンヌの映画祭は名前が呼ばれるまで全く結果が分からないので、とても緊張した瞬間でした。ステージに上がってからは「是枝監督と素晴しいキャストのみなさんに感謝申し上げます」とスピーチをしたことは覚えています。

約6年前でしょうか。「釜山映画祭」でオファーの話をいただいたんですが、もともと監督の作品はすべて拝見していましたしファンだったので、尊敬している監督の新しい作品にときめきました。「どのような役でもやらせていただきたいです。光栄です」とお伝えしました。

是枝監督:映画の中で、ソン・ガンホさんが初めて登場するシーンを最初に思いついて、まずそこだけ書いたんです。その時はたぶん3~4枚の短いストーリーでした。ただ、その時点のプロットにソン・ガンホさんとカン・ドンウォンさんとペ・ドゥナさんの名前は書いていたので、夢が叶ってこういう形になりました。

――カン・ドンウォンさんは是枝監督と一緒に仕事をしたいと思っていたそうですが、実際の印象はいかがでしたか?

カン・ドンウォン:監督の作品は大好きで、いつかお会いしてお仕事をご一緒できればという思いがありました。実際にご一緒することになり、お会いしたら、現場でもすごく優しくて最高の監督でいらして、本当に素晴しい経験になりました。(実際に会ってみて)特に印象が変わった点はありません。いつも変わらず優しく、現場で楽しそうに撮影されていましたね。撮影が終わる頃はとても寂しかった記憶があります。

――是枝監督の誕生日も一緒にお祝いしていましたね。

カン・ドンウォン:いいことなのか悪いことなのか分かりませんが、監督がお一人で誕生日をお過ごしになると聞いて、僕がご飯に誘ってお祝いしました。

是枝監督:2年連続で、ソウルでドンウォンさんと誕生日を祝うっていう……。撮影は終わった後だったと思います。

――IUさんは歌に演技に、日ごろからたくさんのチャレンジをされていますが、今回の役どころは難しかったと思います。どのようなチャレンジになりましたか?

IU:分量もとても多かったですし、これまでドラマに出演したことはありましたが、長編映画は初めてで、そこは挑戦だったと思います。私が演じたソヨンは、様々な設定があってキャラクターを説明する修飾語がいっぱいある人物でした。そのいくつもの設定を立体的に表現できるように、監督ともたくさん話し合いながら演じました。

――是枝監督の印象はいかがでしたか?

IU:監督の作品が好きなんですが、初めてお会いして挨拶した瞬間に「ご本人の映画そのもののような方だ」と感じました。今回の撮影が終わってからも、その印象は変わっていません。

――イ・ジュヨンさんは、ブローカーたちを追う刑事としてペ・ドゥナさんとともに、別の目線で彼らを見つめていく役どころでした。演じられていかがでしたか?

イ・ジュヨン:私も是枝監督の大ファンでした。先輩の俳優のみなさん、IUさん、ペ・ドゥナさんをはじめ、普段から気になっていた俳優さんとお仕事することができたので、現場で多くのことを学んで、感じようという姿勢で臨んでいました。プロモーションも含めて素晴らしい記憶と経験を積めたと思いますし、私にとって長く忘れられない思い出になる作品だと思います。

「IUさんのにわかファン(笑)。韓国にわたって夢が叶って…」

――是枝監督がキャストの皆さんをオファーした理由や、撮影するなかで「スゴイ」と思ったエピソードなどあれば教えてください。

是枝監督:ソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんは、この作品を一緒にやる前から映画祭でご一緒したり、来日したときに花束を渡す役をさせていただいたりペ・ドゥナさんは前に一度映画を一緒に撮りました。その3人に関してはプロットの時点であてがきをしました。IUさんとイ・ジュヨンさんに関しては、僕がコロナ禍で家で韓国ドラマにハマって、そこで見て本当に「うわっ!」と印象に残った2人にお声がけしたという……IUさんの昔からのファンの方には申し訳ないにわかファンなんですが(笑)。韓国にわたってオファーして夢が叶って……本当にありがとうございます、という感じです。僕が一番幸せな現場でした。本当に理想的な、思い描いたとおりのキャスティングが実現してしまいました。

IU:実は、監督が音楽や作品を通じて私のことを知る前に、偶然、一度韓国で監督を見かけたことがあったんです。その時、私は監督のファンでしたが、監督は私のことを知らない状況だったので、本当に挨拶したいと思いつつも、出来ずに通り過ぎたことがありました。それから1年以上が経って、監督の作品に参加できて、私の作品や音楽も知っているということは、ドッキリかなと思うくらいですし、すごく不思議な気分です。

イ・ジュヨン:私は大学にいて、まだ映画のことを学んでいた頃に、監督の作品を見に行くような普通の学生でした。数年たって、監督が私の出演した作品を見てくださり、私という女優を知っているということ自体、不思議な経験でした。とても幸せな気持ちで作品に臨みました。

空港に集まったファンを自慢「俺は5人だった(笑)!」

――数年間、日本に来ることができなかったと思いますが、今回の来日で楽しみにしていることなどはありますか?

ソン・ガンホ:日本には、僕は頻繁に来ているほうだと思います。2年前にも「パラサイト 半地下の家族」でポン・ジュノ監督と一緒に日本に来てご挨拶をしました。日本が大好きですし、日本の料理も好きなので、来るたびにいつもワクワクしています。昨日、成田空港を通じて入国しました。IUさんは日本でも有名なスターですし、日本の多くのファンが来るだろうと話には聞いていましたが、実際に100人を超えるファンが集まったそうです。でも、カン・ドンウォンさんを見るために集まったのは3人だったそうです。私は5人来てくださっていたんですよ! なので、1日中とても気分が良かったです(笑)。

カン・ドンウォン:僕たちも昨日この話を長い間していたんですが……ファンのみなさん、頑張ってください(笑)。

ソン・ガンホ:本人は「ソウルではなく、パリから来たから3人しかいらっしゃらなかったんだ」と釈明していましたが、僕は本当に気分がよかったです。

カン・ドンウォン:夕食の場で、急に「空港に何人来てた?」と僕に聞くんです。「3人です」と答えると「俺は5人だったぞ!」と言われました(笑)。

――お二人は本当に仲がいいんですね。撮影現場でもこのような雰囲気ですか?

是枝監督:だいたい、いつもこんな感じですね。ソン・ガンホさんがカン・ドンウォンさんをイジって楽しむという……僕は大好きです。

――では最後に、日本の観客の皆さんにメッセージをお願いします。

ソン・ガンホ:尊敬する是枝監督と今回ご一緒しました。日本の監督と韓国のキャストが一緒に作ったということが大事というよりは、映画を観ていただければ分かると思いますが、日本人であっても韓国人であっても、私たちが生きている社会の中の私たちの姿、私たちの隣人の姿、また人生の価値が描かれた作品となっています。なので、国を越えて、誰にとっても共感できる温かい物語だと思います。今日は貴重なお時間を割いて映画館に来ていただきましたが、みなさんにもその思いを受け取って、共感していただける、そんな意味ある時間として記憶されてほしいと願っています。(日本語で)ありがとうございました。

是枝監督:6年前に書いたプロットは、実はすごくシンプルな話でしたが、実際に映画を撮るためにソウルに渡って、ベイビーボックス(赤ちゃんポスト)の周辺の人たちへの取材を重ねたのが、とても良かったなと思っています。取材をすればするほど、この物語が人間の命をどう考えるべきか、それを登場人物たちが悩む話だなと思うようになりました。ちょっとずつ、最初に思い描いた話から変わっていきました。撮影を始めてからも変わっていくというプロセスを経て、今日、みなさんに観ていただく作品になってます。僕の映画はいつもそうかもしれませんが、明快な答えが最後に待っているというよりは、登場人物たちと同じように、観た方たちも旅を続けながら、一人の赤ちゃんの運命を一緒に考えていただけたら嬉しいです。楽しんでください。

■作品情報
「ベイビー・ブローカー」
6月24日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン

製作:CJ ENM
制作:ZIP CINEMA
制作協力:分福

提供:ギャガ、フジテレビジョン、AOI Pro.
配給:ギャガ
(C) 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

【ストーリー】
古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、<赤ちゃんポスト>がある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。ある土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(IU)が<赤ちゃんポスト>に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、ベイビー・ブローカーだ。しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。一方、彼らを検挙するためずっと尾行していた刑事スジン(ペ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、是が非でも現行犯で逮捕しようと、静かに後を追っていくが……。<赤ちゃんポスト>で出会った彼らの、特別な旅が始まる。

■関連リンク
「ベイビー・ブローカー」日本公式サイト:https://gaga.ne.jp/babybroker/

もっと見せる

関連記事

Close
Close