俳優

孤独を抱えた少年に降りかかる試練とは…松本まりか&若葉竜也らの熱演にも注目『ぜんぶ、ボクのせい』 | .

自主制作映画で世界中の映画祭を席巻した駿才・松本優作監督商業デビュー作に、オーディションで選ばれた新人・白鳥晴都、ヒロイン・川島鈴遥、そして唯一無二の存在で多彩な活躍をみせるオダギリジョーら豪華俳優たちが参加する『ぜんぶ、ボクのせい』。この度、若手を支える日本映画界を牽引する俳優たちの“熱演”をとらえた未公開場面写真が解禁となった。

>>『ぜんぶ、ボクのせい』あらすじ&キャストはこちらから

1人の少年が孤独な人々と出会い、成長する姿をみずみずしい感性で捉えた本作。母親に捨てられ、愛を見失った少年・優太を演じるのはオーディションで抜擢された白鳥晴都。今回解禁された写真では大人2人に行く手を遮られ、必死に何かを訴えている姿が収められている。

また、詩織役の川島鈴遥の切迫した表情には息を飲む。優太と詩織に一体何が起きたのか――。本作のラストシーンを優太の顔のアップで終わりたいと思っていた松本監督はオーディションの際、まだ幼さの残る顔の中に、深い絶望も経験しているように感じさせる白鳥さんの“目”にドキっとし、この子しかいないと決めたという。

また、川島さんについても「演技も表情も素晴らしい。演技の基礎がしっかりできているので、初めて主演をする白鳥くんとのバランスも良かったと思います」と松本監督は2人を起用した理由を語る。

そんな若手を支えるのは日本映画界を牽引する俳優たち。テレビドラマや映画で個性的なキャラクターを変幻自在に演じる松本まりかが本作では自堕落な生活を送る優太の母親・梨花として出演。

児童養護施設から抜け出した息子と再会した梨花は成長した我が子の姿に驚きと喜びを見せ、久々の親子水入らずの時間を過ごすことに。2人で買い物に出かけたときに梨花は「優太へのプレゼント」と言いながらミサンガを優太の腕に結ぶ。夢にまで見た母との時間に優太はそれまで見せてこなかった子どもの表情をする。

だが、梨花は男と暮らしていたため、優太が煩わしくなり児童養護施設の職員に優太を引き取りに来るように電話するのだ。

初主演した『街の上で』やNHK連続テレビ小説「おちょやん」などで近年その演技力を存分に発揮している若葉竜也も、本作では梨花から金をもらっている、男女の関係のダメっぷりを見事に演じている。

母親から追い出され、途方もなく彷徨う優太はその後、オダギリさん演じる坂本と出会う。今回解禁になる画像の中には軽トラで暮らす坂本と優太が、廃品回収で得たお金で買ったカップラーメンを食べながら、お互いのことについて語り合う姿が映し出されている。その姿はまるで一風変わった親子のようにも見える。

“おっちゃん”の名前を聞き出す優太に対して、坂本は「俺、ジョニーだよ」と冗談まじりに答えるが、優太は純粋な心で「珍しい!」と受け止めてしまう。そんな簡単に人を信じてしまう優太を坂本はからかう。信用していい大人なのか、掴みどころのないキャラクターを自由自在に演じるオダギリさんからは目が離せない。

『ぜんぶ、ボクのせい』は8月11日(木・祝)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

もっと見せる

関連記事

Close
Close