俳優

遠藤憲一 “日本を代表する強面俳優”演じるつらさ吐露「制約だらけの中で作り込んでやっている」― スポニチ Sponichi Annex 芸能



俳優の遠藤憲一
Photo By スポニチ

 俳優の遠藤憲一(60)が27日、フジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)に出演。強面の役を演じることについて本音を明かした。

 今週は映画「ラジエーションハウス」(監督鈴木雅之、29日公開)の出演者がリレー形式で出演している中でこの日のゲストとして登場した遠藤は「久々の生放送なんで、緊張と楽しさがごっちゃになって、ハイになっちゃってる。結構、生放送好きなんです。ドキドキするけど、すごい好きなんです」とテンション高めに話した。

 そんな遠藤は“日本を代表する強面俳優”と紹介されることが多い。極道ものからコメディーまでキャラクターもジャンルも幅広く、出演しているが「怖い役は相当作ってます」と意外な告白。「今、入ってきたこれが俺なんです。これで怖い役は効かないんで、なるべく動かない、トーンをぐっと下げてしゃべるとか、制約だらけの中で作り込んでやっているのが怖い役、つらいんです」と苦笑した。

 立ち姿も「ドシッと」立っていないといけないが「心のどこかでブルブル震えているんです」とも明かした。

 以前、番組で共演した「おぎやはぎ」矢作兼は「地方のスナックとか普通に飲みに行くんですよね。地元の人とかと普通に飲むっていうから。すごいフレンドリーな人」と印象を語り、遠藤も「最近は(コロナ下で)やめちゃってますけど、飲むとすごい解放されちゃって、楽しくなっちゃう」と笑った。

続きを表示

もっと見せる

関連記事

Close
Close