俳優

なぜAppleの『パチンコ』は日本の視聴者を諦めたのか – DANMEE ダンミ

禁じられた愛から始まる物語で、韓国と日本、そしてアメリカを行き来しながら、戦争と平和、愛と別れ、勝利と審判に対する忘れられない年代記を描く。

去る3月25日より配信がスタートし、早くも世界から称賛が届けられている作品だ。

しかしこの一方で、日本で『パチンコ』の話題はそれほど聞かれていない。莫大な制作費が投資されたと言われる超大作ドラマであるのに、なぜ日本では静かなままなのだろうか。

韓流スター、イ・ミンホが出演することでも注目を浴びた作品だ(写真提供:©スポーツ韓国)

『パチンコ』はiPhone(アイフォーン)などApple製品をメインに視聴できる作品だ。日本は、Apple全体の売上で7%程度を占めており、国内のスマートフォン市場ではiPhoneのシェアが45%に達している。

これほど多い数字であるならば、ドラマを視聴する人もそれなりに存在するはずだ。それにもかかわらす、日本ではそれほど活発さは見えていない。

その理由について、韓国メディア・ハンギョレ新聞(www.hani.co.kr)が興味深い見解を示している。

前述したように、『パチンコ』は夢と希望を求めて祖国を離れた韓国人一家の姿を、4世代にわたって描いた壮大な作品だ。

しかし、この第4話から原作にはない設定も盛り込まれているよう。

そこには、日本による植民地時代の朝鮮の姿を再現した姿が登場している。慰安婦問題や関東大地震など、政治的なことや歴史的要素をメインにストーリーが展開されていた。

ハンギョレ新聞はこれを「高い政治性と歴史性、慎重な姿勢を見せて韓国人に哀悼の意を表しているよう」としながらも、「韓国市場の商業的好感と、企業が求められる倫理的な役割を同時に獲得しようとしている」と指摘し、Apple TV+側による韓国戦略だと見解。

つまり、韓国国民の好感を得る代わりに日本市場を事実上放棄。アジア市場の最初の攻略対象に、日本ではなく韓国を選択したということのようだ。

続いて、同メディアは「ストーリー上に歴史的な描写が登場することで、日本の視聴者から冷ややかなコメントが届くのを避けるためか、積極的な広報を諦めたようだ」と指摘し、日本で静けさを呼んでいる理由を説明した。

『パチンコ』が静けさを見せている。日本でも人気スターであるイ・ミンホ主演作にもかかわらず

日本でも人気スターであるイ・ミンホ主演作にもかかわらず、『パチンコ』が静けさを見せている(写真提供:©スポーツ韓国)

家族を描いた物語は世界の視聴者が楽しめる作品だ。『パチンコ』の背景にも、家族がテーマとなり描かれている。

そのようなヒューマンドラマに、プラスαとして政治的な要素を盛り込むと、ストーリーにさらなる深みが増し壮大なスケールで描くことができる。このような描写は韓国だけでなく、世界各国で好まれているそうだ。

このことも理由となり、原作にはない描写が盛り込まれたのではないだろうか。

近年、K-POPはもちろん韓国の映画やドラマ作品も世界に進出し、大きな成果と高評価を得ている。勢いに乗った韓国コンテンツをさらに沸かせる存在として、ドラマ『パチンコ』も多くの注目を浴びた。

そのような大作でありながらも、『パチンコ』が日本で大々的にPRされていないのは、日本において煙が立つのを敬遠した結果のようだ。

もっと見せる

関連記事

Close
Close