俳優

「わかっていても」&「人間レッスン」の注目俳優共演「時速493キロの恋」日本最速配信決定 | .

「わかっていても」でハン・ソヒの幼なじみ役で注目を集めたチェ・ジョンヒョプと、「人間レッスン」「マウス」のパク・ジュヒョンが共演する韓国ドラマ「時速493キロの恋」が、「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて日本初最速配信されることが決定。日本語版ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

こつぜんと姿を消したバドミントンの天才少女パク・テヤンが、3年ぶりにコートに戻ってきた。スポーツが全てだったテヤンと違って、残業はお断り、練習嫌いのパク・テジュンにとってスポーツは職業に過ぎなかった。実業団でチームメートとして再会した2人は、紆余曲折を経てパートナーとなる。混合ダブルというのは不思議なもので、一緒にプレーしているうちに情も湧いて心も惹かれて!? 初々しい25歳、これから2人の選手人生に最も輝かしい瞬間が始まる――。

本作は、「人間レッスン」「マウス」と相次いで話題作に出演し、注目度上昇中のパク・ジュヒョンと、「魔女食堂へきてください」「わかっていても」でハン・ソヒ演じるナビの幼なじみ役で人気を集めたチェ・ジョンヒョプを主演に迎え、バドミントン実業団チームで混合ダブルスを組む男女を描くロマンティックスポーツドラマ。

バドミントン用品販売店を経営する家に生まれ育ち、特に好きだからという理由ではなく“職業”としてバドミントン選手となったテジュン25歳(チェ・ジョンヒョプ)が、元バドミントンのスター選手であり、バドミントンを愛するテヤン25歳(パク・ジュヒョン)と出会う。

明るく振舞いながらも、どこか影がある彼女に興味を持ったテジュンは、好印象を持ってもらうために、初めて真剣に競技に向き合っていくことに。2人は同じ“ユニス”という実業団チームに所属し、混合ダブルスを組むことになるが…。バドミントンのパートナーとしての成長と、2人の恋の行方、そして勝負に挑むひたむきな姿が、個性的なコーチや選手仲間たちの様子とともにテンポよく描かれていく。

解禁されたポスタービジュアルでも、バドミントンコートのロッカールームで、チェ・ジョンヒョプ演じるテジュンとパク・ジュヒョン演じるテヤンが背中合わせにベンチに座り、手が触れ合う距離で微笑んでおり、今後の2人のロマンスを予感させる。

予告編では、テヤンとの出会い、彼女の“私にはあんたの才能が見える”という言葉をきっかけに、テジュンが徐々にバトミントンに目覚め、情熱を燃やしていく様子がうかがえる。

「時速493キロの恋」は4月27日(水)23時30分よりディズニープラススターにて日本最速独占配信開始。

なお、ディズニープラススターでは4月20日(水)より人気韓国ドラマ9タイトルが一挙配信中となっている。

<人気韓国ドラマ9タイトルが一挙配信中>
●「君を愛した時間 ~ワタシとカレの恋愛白書」
●「被告人」
●「相続者たち」
●「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」
●「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」
●「恋のトリセツ ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌~」
●「華政」
●「この恋は初めてだから」
●「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」
Disney+公式サイトはこちら

もっと見せる

関連記事

Close
Close