俳優

日本人の妻リコにぞっこんなニコラス・ケイジ、今年誕生する子どものために復活を宣言 – セレブニュース | SPUR

待望の新作映画『The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)』が高評価を得ている俳優のニコラス・ケイジ(58)。最新の雑誌インタビューで、妻のリコ・シバタ(27)と生まれてくる子どものために、気持ちを新たに再出発することを宣言した。

Photo:Getty Images

男性ファッション&カルチャー誌の最新号で表紙を飾り、インタビューに応じたニコラス。

「僕はロマンチストで、恋をするとその人にすべてを捧げたくなる。それが僕なりの“愛してる”の表現だから。残りの人生を君と一緒に過ごしたい、という気持ちの表れなんだ」「そして、それは自分のためでもある」と家族に対する愛を語った。

Photo:Getty Images Photo:Getty Images

2021年2月に結婚した妻リコの妊娠が判明したのは今年1月。ニコラスにとって第3子が誕生することになる。インタビュー中に2カ月の胎児のエコー写真を披露し、「すごくスイートだ」と喜びを隠しきれない様子だったとか。

Photo:Getty Images Photo:Getty Images

ニコラスは元恋人や元妻との間に長男ウェストン・コッポラ・ケイジ(31)、次男カル=エル・コッポラ・ケイジ(16)のふたりの子どもを持ち、結婚は今回が5度目。前妻のエリカ・コイケ(39)とは2019年3月にラスベガスで挙式をするも、わずか日後に離婚するという事件も!

Photo:Getty Images Photo:Getty Images

度重なる離婚のほかに、浪費による借金や泥酔事件など、私生活はトラブル続きだったニコラス。1995年の映画『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞するも、以降はワースト映画作品・俳優を決めるゴールデン・ラズベリー賞に選ばれてしまうなど、俳優としても不調な日々が続いていた。

役者生命の危機をささやかれていたこともあったが、先週行われたサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で新作主演作『The Unbearable Weight of Massive Talent』がプレミア上演されると、あらゆる方面から絶賛の声があがるなど高評価を獲得! 内容は金銭問題で窮地に立たされたニコラス自身を演じるというもので、ニコラスの新たな魅力を見出す作品となりそう。

今年4月にアメリカで公開される本作への出演と第3子誕生をきっかけに、公私ともに完全復活を遂げる!?

text:Saki Wakamiya

もっと見せる

関連記事

Close
Close