俳優

“阪神が好きすぎる俳優”間宮祥太朗28歳が語る、初始球式のウラ話「どんな球を投げるかより、いかに礼儀正しくするか」 – プロ野球 – Number Web

元阪神タイガースの横田慎太郎さんの半生を描いたドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』がABCテレビ・テレビ朝日系で放送される(3月13日13時55分~)。主演を務めるのは、大河ドラマや朝ドラ、人気漫画原作の実写化映画と幅広いキャラクターを演じ分ける“カメレオン俳優”間宮祥太朗(28歳)だ。

祖父が熱狂的巨人ファンだった間宮さんが、なぜ“熱狂的阪神ファン”になったのか。毎試合欠かさずチェックするという阪神愛をたっぷり語ってもらった(全2回の2回目/前編から続く)。

――いよいよプロ野球が開幕しますね。昨シーズンの阪神の戦いぶりは観ていましたか?

間宮 もちろんです。今はどこにいても中継を観ることができますし、仕事が立て込んでいるときはプロ野球速報をチェックします。テレビ、配信、速報の3段階スタイルで(笑)。昨年は序盤から佐藤輝明選手がブレイクして盛り上がりましたが、個人的には中野拓夢選手の活躍が嬉しかったですね。ショートのポジションがなかなか固定されない中で、ルーキーが勝ち取り、しかもしっかりと成績を積み上げていった。これは凄いことだなと。

 ただクライマックスシリーズのことだけは勘弁してください(笑)。僕はまったく気づかなかったんですけど、当時は仕事中でもテンションが少し下がっていたみたいで……。

――その日の調子が、阪神の成績に左右されてしまうんですね(笑)。

間宮 完全にそうです。だからチームとして悔しい思いはしましたけど、今年こそリーグ優勝して、CSを突破して、ぜひ日本一になってもらいたいです!!

常勝軍団を応援する父を見て「なんかそれ違くない?」

――そもそも、間宮さんはいつ頃から阪神を応援するようになったのですか?

間宮 小1からソフトボールをやっていたので、野球中継はよく観ていました。ただ祖父が巨人ファンで、家ではいつもジャイアンツ戦。当時の巨人は仁志・清水・二岡・由伸・松井・清原・マルティネス・江藤とすごい選手ばかりの、まさに常勝軍団でした。だから絶対に勝つのに祖父が応援しているのを見て、幼いながらに「なんかそれ違くない?」という感情を抱いていたんです。

――つまり、阪神への愛は、“アンチ巨人の精神”から始まったと?

間宮 自分のマインドと、阪神という球団やファンの方々が抱えている気持ちが一致したんでしょうね。ただ、自分でも解せないのは、横浜スタジアムの近所に住んでいたのに、なぜベイスターズファンにならなかったのか……。本当に近くて、球場の鳴り物が聞こえるくらいだったんです。今でも不思議ですね(笑)。

始球式ではとにかく「いかに素早く礼儀正しく終わるか」

――間宮さんといえば、始球式での投球も話題となりました。当時、芸能界最速となる139キロを記録しています。

【次ページ】 始球式「おじさん受けがたまらなくいい(笑)」

もっと見せる

関連記事

Close
Close