俳優

【第45回日本アカデミー賞】佐藤健&松坂桃李&菅田将暉…豪華俳優勢が続々登場、仲睦まじくレッドカーペットを闊歩 | .

第45回日本アカデミー賞授賞式が3月11日(金)に行われ、優秀賞を受賞した豪華俳優陣がレッドカーペットを歩いた。2年ぶりに有観客での開催となった式典が、華々しく幕を開けた。

今回、授賞式に列席する俳優勢は、新人俳優賞からスタート。磯村勇斗(『ヤクザと家族 The Family』『劇場版 きのう何食べた?』)、尾上右近(『燃えよ剣』)、宮沢氷魚(『騙し絵の牙』)、Fukase(『キャラクター』)で、全員が黒のスーツに身を包み歩く。

(C) 東京写真記者協会

続いて今田美桜(『東京リベンジャーズ』)がうれしそうな表情を見せるが、三浦透子(『ドライブ・マイ・カー』)と吉川愛(『ハニーレモンソーダ』)はやや緊張した面持ちを見せ、何とも初々しい顔ぶれとなった。

(C) 東京写真記者協会

優秀助演男優賞には、過去『柘榴坂の仇討』で同賞を受賞した阿部寛(『護られなかった者たちへ』)、『ALWAYS 三丁目の夕日』で最優秀賞に輝いた経歴を持つ堤真一(『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』)というベテラン勢に加え、『武曲 MUKOKU』で同賞を受賞した村上虹郎(『孤狼の血 LEVEL2』)とバラエティ豊かなラインアップ。意外にも、鈴木亮平(『孤狼の血 LEVEL2』)と仲野太賀(『すばらしき世界』)は、初のアカデミー賞受賞となる。

(C) 東京写真記者協会

優秀助演女優賞は、フレッシュな顔ぶれが揃う。若くして賞レース常連イメージの石原さとみ(『そして、バトンは渡された』)と広瀬すず(『いのちの停車場』)、一方、清原果耶(『護られなかった者たちへ』)、草笛光子(『老後の資金がありません!』)、西野七瀬(『孤狼の血 LEVEL2』)は初受賞。豪華な青いイブニングドレス姿の草笛さんが颯爽と登場すると、会場からは思わず歓喜の声が漏れた。

(C) 東京写真記者協会

優秀主演男優賞の、佐藤健(『護られなかった者たちへ』)、菅田将暉(『花束みたいな恋をした』)、西島秀俊(『ドライブ・マイ・カー』)、松坂桃李(『孤狼の血 LEVEL2』)、役所広司(『すばらしき世界』)と豪華な顔ぶれが揃うと、会場からはさらに大きな歓声が起こる。佐藤さんはにっこりと微笑みながら歩き、菅田さんは作品のトーンに合うようなラフな茶色のジャケット姿、役所さんは青と黄色のスカーフを胸ポケットに入れ、ウクライナの国旗の色を身に着け登場した。

(C) 東京写真記者協会

優秀主演女優賞は、天海祐希(『老後の資金がありません!』)、有村架純(『花束みたいな恋をした』)、松岡茉優(『騙し絵の牙』)、吉永小百合(『いのちの停車場』)といずれも受賞歴のある女優が続く。初受賞となった永野芽郁(『そして、バトンは渡された』)は普段の明るくカジュアルなイメージとは真逆の、デコルテを出したマニッシュな黒いドレス姿を披露。会場をさらに艶やかにしていた。

(C) 東京写真記者協会

最後にはプレゼンターでもある昨年の受賞者、草彅剛、長澤まさみ、黒木華が3人で登場。長澤さんは、羽鳥慎一と授賞式の司会も務める。

(C) 東京写真記者協会

もっと見せる

関連記事

Close
Close