俳優

岩田剛典、長髪で異様な雰囲気まとう…中山美穂と白石組初参加へ『死刑にいたる病』5月公開 | .

阿部サダヲと岡田健史のW主演、『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血』の白石和彌監督が映画化する『死刑にいたる病』に岩田剛典と中山美穂が出演することが発表され、公開が2022年5月に決定した。

>>『死刑にいたる病』あらすじ&キャストはこちらから

24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた連続殺人事件の犯人・榛村を阿部さん。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」という彼の願いを聞き入れ、事件を独自に調べ始める大学生・雅也を岡田さんが演じる本作。

事件を捜査する雅也の行く先々に現われる謎の男・金山一輝を演じるのは、「EXILE」「三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」のパフォーマーとしてだけでなく、第40回日本アカデミー賞新人賞俳優・話題賞や第41回報知映画賞新人賞などを獲得した初主演映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』をはじめ、映画『名も無き世界のエンドロール』やドラマ「プロミス・シンデレラ」などの演技で俳優としても注目を集める岩田剛典

「金山という役は、あまり多くは語らない役柄でもありましたので、感情を自分の中で明確にして臨みました」と語る岩田さん。「白石監督、そして主演の阿部さんとは今作で初めてご一緒させていただき、岡田さんとは2度目の共演でしたが以前の作品では同じシーンがなかったので、一緒に芝居をさせていただいたのは初めてでした」と明かす。コロナ禍の影響で撮影が1年近く延期になったと言い、「こうして無事完成した作品をお届けできること嬉しく思っています」と喜びを語る。

また、榛村が冤罪だと訴える殺人事件の真相を調べ始める雅也の母であり、常に夫の顔色をうかがう主体性のない妻・筧井衿子には、1985年にデビューを果たし、日本レコード大賞、ゴールデンアロー賞で最優秀新人賞を受賞するなど歌手として絶大な人気を博し、岩井俊二監督の主演映画『LOVE LETTER』(1995)などで数多くの賞を受賞し、役者としてもドラマ、映画、舞台と幅広いジャンルで活躍する中山美穂

「原作を読んで、これを如何に映像化するのだろうかと演じる前から期待が膨らみました。内容とは裏腹に公開が楽しみです」と、中山さんはコメント。

今回、顔の半分が隠れるほどの長髪で異様な雰囲気を纏った金山と、義母の四十九日で心痛な面持ちの衿子の場面写真も解禁された。

白石監督は「いつかお仕事をと思っていた岩田さんに出ていただけたこと嬉しかったです。難しい役割を魂込めて演じてくださいました」とふり返り、「またガッツリやりましょう」と握手を誓ったそうで「岩田さんとは長い付き合いになりそうです」と語る。

「そして、憧れの中山さんを演出する日がくるなんて思いもしませんでした。カメラの中に立つと世界を一瞬にして映画にしてくれる存在感でした。衿子という役の奥深くに眠る仄暗い感情を見事に体現してくださいました」と絶賛を贈っている。

『死刑にいたる病』は2022年5月、全国にて公開。

もっと見せる

関連記事

Close
Close