俳優

コン・ユ、イ・ビョンホン 韓国トップ俳優 特別出演にも鋭い’選球眼’ – DANMEE ダンミ

日本で人気の高い韓国俳優と言えば、コン・ユとイ・ビョンホンだろう。トップスターである彼らの主演作を待ち焦がれるファンは多い。そんな期待に応えるべく、次回作の前に顔を見せてくれるのが、ドラマや映画の”特別出演”だ。わずかな出演ながらも抜群の存在感を放ち、視聴者を虜にする2人。さらにその作品は世界的なヒットを遂げ‥。さすがトップスターとしか表現できない彼らは、まさに”神ってる”存在だ。

日本でも人気の高い韓国俳優である、コン・ユとイ・ビョンホン。

日本で根強い人気を見せる、韓国俳優コン・ユ(画像出典:management_soop公式Instagram)

韓をはじめ世界での人気を誇るイ・ビョンホン

俳優のイ・ビョンホンは、日韓をはじめ世界での人気を誇る(画像出典:イ・ビョンホン公式Instagram)

国内外にファンを持つトップスターだけに、世界中のファンからラブコールが絶えない。

しかしながら、ブランクが長くなりがちな人気俳優でもある彼らだけに、次回作が決定するまでファンはもどかしい時間を過ごすことになる。

いまかいまかと待ち焦がれる中、彼らが次回作の公開前に顔を覗かせてくれるのは、ドラマや映画の”特別出演”だ。

今回、コン・ユやイ・ビョンホンが選んだ”特別出演”作品、それは世界中を熱狂させているNetflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『イカゲーム』だった。

世界を席巻した、Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』

Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』は世界を席巻!(画像出典:韓国Netflix)

『イカゲーム』は、456億ウォン(約42億円)の賞金が懸かったサバイバルゲームに参加した人々が、最後の勝者になるために命懸けでゲームに挑む姿を描いたデスゲームストーリー。

衝撃的な展開がノンストップで繰り広げられる中、主人公のギフン(イ・ジョンジェ)などの登場人物を通じて、リストラや学歴社会、脱北者問題、暴力団、外国人労働者問題などが垣間見え、劇中に登場する社会問題が現実と似ている点でも話題になった作品だ。

日本でも爆発的な人気を誇り、公開直後からランキングのトップをキープ。この現象は日本だけでなく世界各国も同じで、Netflixがサービスしている83カ国で1位を獲得する大記録を打ち立てた。

ブランクがあったものの、爆発的なヒット作『イカゲーム』に”特別出演”を果たしたコン・ユとイ・ビョンホン。人気と実力を兼ね備えた彼らは、”選球眼”と共に幸運も持ち合わせているようだ。

コン・ユ、イ・ビョンホン 待望の次回作は

わずかな出演ながら抜群の存在感を発揮し、メガヒットへと貢献したコン・ユとイ・ビョンホン。近々、彼らの待望の次回作が公開される予定だ。

コン・ユは、自身が主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ『静かなる海』がいよいよ公開となる。

2021年12月24日に配信を予定している『静かなる海』は、俳優のチョン・ウソンが制作者として参加したことで注目を集めた作品だ。

SFミステリー・スリラージャンルとも称される本作は、世界的な砂漠化によって水と食料が不足している未来の地球を背景に、研究基地で繰り広げられる研究隊員たちの物語を描く。

コン・ユをはじめ、ペ・ドゥナ、イ・ジュンなどの豪華顔ぶれが名を連ねたことで、さらに期待度が高まっている。

『静かなる海』は俳優のチョン・ウソンが制作者として参加

チョン・ウソンが制作者として参加した『静かなる海』(画像出典:Netflix Korea公式Twitter)

一方、イ・ビョンホンの次回作は、2022年に放送予定のドラマ『私たちのブルース』。

本作は、イ・ビョンホンのほか、シン・ミナ、チャ・スンウォン、イ・ジョンウン、ハン・ジミン、キム・ウビン、オム・ジョンファなど、錚々たる顔ぶれが顔を揃えることでも話題を集めている。

『私たちのブルース』は、人生のゴールもしくはクライマックス、そしてスタート地点に立っている全ての人々を応援するドラマだという。

暖かくて躍動感溢れる済州(チェジュ)の冷たくて荒々しい海を舞台に、様々な人物たちの酸っぱくて甘くて苦い、人生の物語をオニムバス形式で届ける予定だ。

劇中、イ・ビョンホンは済州で生まれたトラックのよろず屋、イ・ドンソクに扮する。ワールドスターであるイ・ビョンホンが、済州で生まれた無愛想な男を演じるとあって、彼のファンに加え、ドラマファンからも注目されている。

“特別出演”した作品も爆発的なヒットを迎えたコン・ユとイ・ビョンホン。彼らの新作には期待しかない。

コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(130)

もっと見せる

関連記事

Close
Close