俳優

ディカプリオ激似の俳優が明かした「人生最高の体験」 | ニューズウィーク日本版 | 東洋経済オンライン

日本人のツアー客にサインをねだられたことも

行く先々でうり二つと言われてウンザリもしたが、ファンが喜ぶ顔を見て今の仕事を続けることに

「似ている、そっくりだ」と言われだしたのは『ギルバート・グレイプ』が全米公開された1993年頃からだ。自分でも映画を見に行って、「確かに」と思った。

以来、レオナルド・ディカプリオがスターダムを駆け上がるにつれ、会う人たちに言われるようになった。「うり二つだ、他人とは思えない」

ディカプリオ主演の『タイタニック』が大ヒットすると、事態はさらにエスカレートした。当時私は20代初め。サンフランシスコに住んでいたが、街を歩いていると観光客がぞろぞろついて来たり、仲間と行ったバーで知らない人たちにじろじろ見られたりした。

俳優を目指して2003年にロサンゼルスに拠点を移し、オーディションを受け始めた。映画やTVドラマのチョイ役にありつけたが、どこに行っても「レオ様似」と言われる。自分としては当惑するばかりだった。ディカプリオに似た容姿ではなく、自分という人間を見てほしかった。

転機は映画『最終絶叫計画5』

12年のこと。勧められるままにパロディー満載の映画『最終絶叫計画5』のオーディションを受け、その一場面でディカプリオを演じることになった。それまでディカプリオの物まねをする気はさらさらなかったが、彼になり切るために特訓を受けることに……。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

服装や髪形、メークも似せて、彼のボイストレーナーの指導まで受けた。この仕事は最高に楽しかった。

これがきっかけで、ディカプリオのそっくりさんとしてイベントなどに出てほしいという依頼が次々に舞い込むようになった。やってみると、この手の仕事はなかなかやりがいがあり、面白かった。しかも、次にどんな依頼が舞い込んでくるか予想もつかない。

もっと見せる

関連記事

Close
Close